タイ縦断旅行レポ4日目

5月23日午前2:30頃、前日の夜からバスに揺られること6時間、ようやくアユタヤに到着。
バスが停まったのは今までのような大きなバスターミナルではなく、名も無き(嘘)停留所でした。向かい合ったベンチとタイ風の屋根があってちょっとした休憩所のような造りのこの停留所で、バスから降りてくる客を待つバイタク(バイクタクシー)のおいちゃんやどこからかタバコを吸いにやってきた半裸のおいちゃんに絡まれながら(笑)迎えを待つこと数十分。ようやく「バーンスワン・ゲストハウス」の車が。夜分遅くにご迷惑おかけしました

その後シャワーを浴びたりして床に就いたのは4時。次の日も早いからもういっそ寝ないでいる方が楽かもとも思いましたが、無理でした
瞬速で意識を手放し再び目を開けたのは午前7時。眠い。

d0065480_20263211.jpg
←一夜明けたゲストハウス(の一部)。夜遅くについてすぐ眠り、朝起きてすぐ発ってしまったのであまり思ひ出がないのですが、綺麗でいい所でした。オーナーも真夜中に迎えにきてくれたばかりか、遊びに行ってる最中チェックアウト時間を過ぎるにも関わらず荷物を預かってくれました。


d0065480_2030837.jpg
←ここにも猫が!!

午前9時、ここで私は友達3人と別れを告げ「バンパイン宮殿」へ一人旅。
ここアユタヤはスコータイ同様寺院の遺跡で有名ですが、バンパインもまたガイドブックに掲載される有名な観光地です。ただ、遺跡が多くある市街地から遠い距離にあるためバンコクからの日帰りツアーに組み込まれず、私もなかなか行く機会と時間がありませんでした。
さてじゃあそのバンパインとは?
バンパインとはタイの観光地でおなじみのキンキラの寺院などではなく、一言でいえば「王族の別荘」です。歴代の国王が築かれた数々の優美な別荘、現在の国王(ラーマ9世)が今も使われている別荘兼来賓館などそういったものが広い敷地内に点在してるのです。さぞかし綺麗なんだろうな。楽しみ!

市街地からバンパインまで電車で行くことに。バイタクでアユタヤ駅まで走らせる。お値段20バーツ。実際にバイタク使うのは初めてでしたが、借りたヘルメットが風でぶっとびそうで危なかった・・実際バイタクは事故が多いようで。

d0065480_20445344.jpg
アユタヤ駅からバンパイン駅までは3バーツ(安っ)電車が近くなると駅員さんが改札の近くの鐘をカランカラ~ン♪と鳴らし、「○○行きの電車が参りまーす」とマイクで告げるという大変原始的なもの。改札側と反対の線の電車に乗るときは、そのまま線路を横切る・・。日本のように線路とホームの間に段差はありません。この時駅員に「この電車、バンパインにも行きますよね?」と確認をとってからこの駅員にずっと「バンパイン、バンパイン、オーサカ、トーキョー」と言われ続けてしまった・・えーどうせ私は右も左も分からんガイジンだ。
電車の入り口はとっても段差がきつく、とってもお年寄りに優しくない。そしてドアはガタンゴトンと動き出してから閉まる!!写真は電車内。カゴに焼肉などを積んだ物売りの姿も。

バンパイン駅で、昔茨城で働いたことがあると言って日本語を話すバイタクのおじちゃんに捕まる。移動手段もなかったので結局おじちゃんのバイクにお世話になりました。(このおいちゃん、目的地で私を降ろしてから「帰るときはココに連絡しろ」とケータイ番号をくれましたが、宮殿から出たら既に待っててくれやがりました。ずっとここにいたの!?)

d0065480_2141256.jpg
さてバンパイン。やっぱり綺麗なところでしたv現在も王族が使われているとあってか警備も厳重で、何度か兵隊さんの行進を見ました。


d0065480_2185377.jpg
バンコクに近いだけあってやっぱり日本人も多かったです。途中、日本人ツアー客の中に潜入し、ガイドさんから「ここの芝は日本とマレーシアのものを使っている」だの「この果物は国王に献じられたものでとっても美味しいです。私は食べたことないですけど」など面白いお話をいただいてました(笑)

敷地内の建物はタイ風・中国風・西洋風とさまざまで、内装がとーっても綺麗だったんですが、残念ながら撮影禁止でした。
d0065480_21134282.jpg
←こちらが国王が現在も使われている別荘。当然国王は御不在です
ここに入るにはタイの公式な礼服である足首までの長さの巻きスカートを着用しなければいけません。近くに無料貸しスカート屋がありました。
外国人にはガイドさんがついてくれます。とっっても綺麗でした、一見の価値アリですぞ

敷地内を一回りしたころ雨が降り出してしまったので再びアユタヤに。さっきのおじちゃんに駅まで乗せてもらったはいいけど電車が無い・・。雨宿りをしながらピックアップバスを待つ間、おじちゃんが日本のお友達に送る手紙を代筆する。日本語話せても書くことはできなかったんだって。

チェンマイのよりはるかに大型のピックアップバスに乗り込みおじちゃんに別れを告げる。
アユタヤに着いたところでさっそくアユタヤを発ち、次は首都バンコクへ。でも目的地はここではなくバンコクからバスを乗り換えて更に南下したところにあるチョンブリー県なる地を目指します。ここに1年前お世話になったホストファミリーが住んでいるのです。1年経って成長した私を見て!と言わんばかりに意気揚々とバスを降りる。その30秒後にいきなりカモられかける!
「どこ行くの?ああ~チョンブリー行きはもう無いね~別のバスターミナルまで行かなきゃ~。俺のタクシーで300バーツでそこまで行ってあげるよ~」
言っておくと私は市内を移動するのに50バーツ以上も使ったことはない。「冗談きついよ」と無視していくと最終的に150バーツに勝手に下がっていった。ふざけるない。
後にチョンブリー行きのバス乗り場を教えてくれたバイタクのおじちゃんにそのことを話すと「あっはっはそんなワケないだろう。夜8時まで便はあるよー。」ほれみろ。

そんな魔の手から逃れ、今度こそチョンブリーへ。1年ぶりに逢ったホストシスターにもパパにもママにも「タイ語上手になったね~」とお褒めの言葉をいただきましたv
しかしその分遠慮もなくなり話すタイ語の早いこと(笑)結局理解できない度は去年と同じだったかも・・・

次の日は更に南東のラヨーン県へ。ここでも別のホストファミリーにお世話になったのです。
チョンブリーには短い滞在でしたが、向こうの家族にも次の日予定があったんだって。そんな時でも快く私を迎えてくれたファミリーに感謝!
[PR]
by max-i | 2005-06-09 21:46 | 旅行の話


茉莉の日常。あとタイ(チェンマイ)、福岡ソフトバンクホークスについても少々。


by max-i

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
日々の話
タイの話
バトンの話
歌の話
大学の話
踊りの話
野球の話
映画の話
旅行の話
おたくの話
未分類

以前の記事

2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧