2009年タイ日記~カモが古巣に帰ってキタ―――(゜∀゜)―――!!!!!

2月24日(日本出国前夜)
いつものように荷作りは仕事から帰ってからやる(笑)
お土産と着替えを詰め、パスポートとチケットを確認、前回使ったバーツの余り(約9570バーツ)を財布に入れ、最初一緒に財布に入れていた日本円は、ムダに両替して浪費しちゃわないように別の封筒に分けて手帳に挟んでおくことにした。(※1)

2月25日
現地時間15時くらいにスワンナプーム空港に到着。
持参してきたバーツの他に1万円を封筒から出して両替してみると、3500B強に。円高効果。

今回は市バスではなく、エアポートエクスプレス(4つの路線の中でなら止まりたいところに止めてもらえる。150B)に乗って、プロムポン駅前まで行った

d0065480_22414493.jpg


A1~A4の4つの路線があり、私が乗ったのはA3。ちなみにバックパッカーの聖地として知られるカオサンへの路線はA2、なんでバックパッカーって白人もアジア人も同じ格好してるんだろ

プロムポン駅の近くのセブンイレブンでとりあえずプリペイドケータイのSIMを買う、が、ケータイの充電が尽きかけている上に登録の仕方が分からないのであとで友人と会った時に聞こうと思ってそのまま放置(笑)
現時点で通信手段は公衆電話のみ

そのまま近くの高級デパート「エンポリアム」に向かい、そこの公衆電話で友人と連絡を取るも、タイの公衆電話にあっという間に小銭を吸い込まれる(1B=何秒だよってくらいすぐ切れる)
とりあえずセブンに戻って適当に買い物して小銭を調達しようと、カバンにポイと財布を戻し、再び外に出た。

これがいけなかった。

プロムポンと言えば、私が幼少時に暮らしたコンドミニアムがある路地であり、「ああ懐かしいなあ」などとブラブラ歩きながら横断歩道を渡ろうとしていると、隣から中年の男が右手に押していた私のスーツケースを取り、何も言わずに横断歩道を渡り始めた。
そう、今回友人宅に泊めてもらう予定になっていたため、私は仕事上がりの友人たちと会うまで空港から降りたままの格好で遊び歩いていた。もちろん友人から、先にコンドミニアムのフロントに行って、荷物を預けていいと言ってもらっていたが、それほど長く一人で待つことはないよと申出を断っていた。

ということで、端から見て不便な格好で歩いてるやつがいる、と見かねたこのおっさんが手を貸してくれたのだろうかと思った。
何気なくもう反対側を見ると、隣に歩いていた私と同年代の女が『いいから彼に任せちゃいなよ』と言わんばかりに目配せをして男を顎でしゃくっていた。

なんか悪いなと思いつつも、「ありがとう」といいながら急いで男の後を追い、道を渡りきってからもう一度丁寧にお礼を言ってまた一人で歩き出し、セブンに入ってカバンに手を入れたらアラ不思議。

財布が無いじゃん。

僅か5分前にエンポリを出た時点では財布はカバンに入っていたはずなので、疑うべきはどうみてもその横断歩道上

そしてスーツケースと反対の手に提げていたカバン側を歩いていた若い女。
なにより人助けとばかりに勝手にスーツケースを奪い、私の注意を引きつけてた中年の男。

こいつらだろう


幸いすぐ近くに両替所があったので、別の封筒に分けておいた現金を急いで両替し小銭を調達。公衆電話に駆け込み友人にその旨と集合場所を伝え、友人の到着を待つ。正確には友人の持ってるケータイを待つ(笑)
もう一つラッキーなのは、私はクレジットカード会社に勤めていて、かつ自分の会社のカードしか所持していなかったため、すぐにカードを止めるための連絡ができたこと。
ただし、職場の人たちにバレて笑われたり変に同情されたりするのが非常に嫌だったのだが、電話して1分ほどでその最も恐れていたことが現実になったらしい。(笑)
他に銀行のキャッシュカードも3枚所持していたが、これは家族に電話して助けてもらった。
更にラッキーなのは、職業上こうしたトラブルに見舞われた際の対処法を知る友人がいたことで、大きなトンロー警察署に行って、ポリスに状況を説明したあとポリスレポートなる事故証明書を入手できた。

この警察署もなかなか面白いところだったけど、当然ながら写真には残していない。

被害者が全員口を揃えて言うことだけれど、まさか私がスリに遭うとは思わなかった。
どれだけ旅慣れててもヤられるときはヤられることは知っていたし、プロムポンは駐在員たちが住む日本人街の中にありお金持ちがうじゃうじゃいるとタイ人たちに認識されていることも知っていた。
けれどあえて言う。まさか私が・・・と。しかも5年住んだ古巣で。しかもこんなベタベタな手口で。

どれだけタイに通ってても、所詮私はニホンジンなんだなと思い知らされて凹んだ。

その晩、同情してくれた友人たちがタクシー代や夕飯代をおごってくれた。
感動(?)の再会になる予定だったのに、タイ到着2時間でいきなり狂った。

d0065480_04685.jpg


↑ヤられた感を存分に醸し出している私(笑)

もしかしたらエンポリで財布をしまったのは実は記憶違いで、公衆電話のところに置き忘れたかもしれない。
でもって誰か優しい人がカウンターに届けてくれてたかもしれないと、この日記を書きながら今更思い、当時カウンターに問い合わせてみなかったことを悔やんでみるが、その時はカードの悪用が怖くて日本に電話をかけるのが精一杯だったのでそれどころではなかった・・・まあ後からなら何とでも思えるけれど、どう思おうとも今は泣き寝入りをするしかない。

人生初のスリ被害レポート終わり。
でも旅はまだ続く(笑)

最後に今回のことを忘れないように被害をここに記しておく。

・タイバーツ約13000B(4万円くらい?)
・手持ちが無くなったとき用に常に隠しいれてた日本円10000円
・クレジットカード1枚
・キャッシュカード3枚
・Suicaカード1枚(残高1円。笑)
・UAマイレージカード
・テレフォンカード
・図書券500円分
・献血カード
・臓器提供意思表示カード(笑)
・留学時代の思い出のチェンマイ大学学生証
・ティーラックや友人たちから貰った写真

後半どうでもいいものも混じったけど、ティーラックの写真とて私にとっては盗まれればムカつく代物だ(笑)



(※1)・・・理由はどうあれ、この時の自分の何気ない決断は表彰モノだと思う。ガイドブックにある『現金は小分けにして持っておく』という注意書きは正解。現地についてから分けるのではなく、出発時からね。
[PR]
by max-i | 2009-03-03 00:34 | タイの話


茉莉の日常。あとタイ(チェンマイ)、福岡ソフトバンクホークスについても少々。


by max-i

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
日々の話
タイの話
バトンの話
歌の話
大学の話
踊りの話
野球の話
映画の話
旅行の話
おたくの話
未分類

以前の記事

2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧