カテゴリ:おたくの話( 3 )

あとは勇気だけだ!!

d0065480_0473855.jpg


いやぁ・・・ハマッちゃったんだものなぁ


サイボーグ009 コンプリートコレクション

コンビニコミックスだからって甘く見てたら、11巻まで出るらしい・・・
今8巻まで出ています。↑の他に、実家にあと5冊あります(笑)

巨匠・石ノ森章太郎が描いた名作、おそらく「CYBORG」という言葉を日本に浸透させるきっかけにもなったんじゃないかと思うこの漫画「サイボーグ009」

ついこの前までやってたパチンコだかパチスロのCM映像がなんかカッコいいなと、テレビでCMが流れるたびについ見入ってしまってたのが始まり。
その後偶然コンビニでコイツを見つけ、「2009年は千年に一度の『サイボーグ009イヤー』!」という分かるような分からないようなコンセプトにまんまと引っかかってしまった・・・(笑)

だって「期間限定モノ」に弱いんだもの・・・
だって今年を逃したら次の009イヤーは西暦3009年だよ!?それまでに死ぬかもしれないし(死ぬよ)

で、名前とアニメ化されたこと位しか知らなかったこの漫画。
何十年も昔に描かれた漫画なのに、戦争と平和の話など現代においても全く色褪せないストーリーがたくさんあって面白い・・・というか、深い!

主役である9人のサイボーグたちは、ドラえもんやアトムなど他の少年漫画のロボットのように、平和を守るために希望の元に作り出されたのではなく、元々は核戦争に利用するために悪の組織によって騙されたり拉致されたりして無理矢理改造されてしまった“元・人間”たちなのです。(この辺仮面ライダーの設定にも繋がるね)
その後悪の組織を裏切り、平和のために悪を滅ぼしていくのですが、出生の背景もあってかヒーローたるキャラクターたちは皆どこか哀しい影を帯びているのです。
ただの悪と戦う少年漫画と思っていたら大いに裏切られました。

読み進めて知ったのは、45年以上前のデビューから今日に至るまでこの漫画が完結していなかったことです。(!)
石ノ森氏自身は一度悪の枢軸との闘いをもってサイボーグ009を完結させたのですが、ファンの熱望(一部脅迫も含む)により別誌で連載再開。
3年後に再度完結を試みるも、壮大すぎるスケールや新しい技法や過激なシーン(※)などに今度はファンの支持を得られず中断。また彼らの戦いが続けられることになります
(※・・・先日立ち寄った古本屋で偶然その話が収録されている文庫を取り、何も知らずに件のページを開いてしまい、3日ほどショックから立ち直れませんでした。当時の少年少女が受けた衝撃は想像に難くない)

数え切れないほどの漫画のジャンルが確立された現代、ようやく時代が追いつきいよいよ3度目の終結に・・・と取りかかり始めた矢先に、石ノ森氏は逝ってしまいました。

今、石ノ森氏が遺したプロットを素に息子の小野寺丈氏が最終章を製作中、とのことですが、1から100まで石ノ森章太郎が描きたかった作品になるかはわからないもんね。

あと、マガジンやらサンデーやらビッグコミックやらジャンプやら果ては少女マンガ誌にまで、「サイボーグ009」という一つの作品を様々な雑誌に掲載していたことも知った。
今の出版社業界では考えられませんね。

このようにドラマ満載の名作、サイボーグ009。
うっかり語ってしまいましたが、今のところ誰からも共感してもらえてません(笑)
名作はいつまで経っても名作だよ?


そもそも石ノ森章太郎を知らない!?
仮面ライダーを知らないとは言わせないぞ!!
他に「姉さん、事件です」でおなじみ「HOTEL」の原作を描いたのも彼ですよ。
戦隊モノの原点「ゴレンジャー」とか!あとは「ゴレンジャイ」とか。これは違いますね。
[PR]
by max-i | 2009-12-16 02:23 | おたくの話

こんな○○は××だ

ハリウッドがお得意のマンガの実写映画化。
我らがジャパンが誇るONEPIECEを彼らが実写映画化したら、多分こう↓↓

・ミスター・ブシドーことロロノア・ゾロがオプションで手裏剣を持たされる。ついでに少林寺拳法の達人であることも設定に加えられる。
・ウソップ役に黒人俳優起用。「スターウォーズ・エピソードⅠ」のジャー・ジャー・ビンクスに引き続き、またブラックがおとぼけ役かよ!と黒人層からクレームが多数寄せられる。
ジャック・スパロウとの夢の共演。
・厳しい現実を見せ付けられ、一時は海賊旗を降ろす決意をするルフィ。そんな彼の胸に仲間の叱咤激励が熱く響く。
・幾多の冒険を乗り越えた末に、ルフィとナミがデキる。ハリウッドなので、当然エンディングは二人のキスで幕を閉じる。

パイレーツ・オブ・カリビアンのCMを見ながらなんとなく思いついた海賊つながりなネタ。
絶対見たくない。

男と女がいればとりあえずキスをさせる展開にもっていくとことか、分かりやすすぎる起承転結(最近のディズニーに多い)が、私がアメリカの映画でキライなところです。
というほどあんまり映画見ていないけど。
あんまり見てないくせにこんなこと書くのはいけないな?偏っちゃってて
[PR]
by max-i | 2006-07-26 23:24 | おたくの話

タイの特撮

タイのケーブルテレビに日本のアニメチャンネル(タイ語吹き替え)があるのですが、最近特撮系がOAされ始めました。

「高速戦隊ターボマン」と「五星戦隊ダイレンジャー」・・・
お!ダイレンジャーの方は当時幼稚園児だった弟とよく見てた記憶があるぞ!ターボマンは・・・私生まれてた?(笑)当時の特撮技術に爆笑です・・・

個人的には「忍者戦隊カクレンジャー」が見たい。もうそのころからのケイン・コスギファンで(爆笑)
カクレンジャーってケインのデビュー作なん、知ってた?黒レンジャー、違う、そんな名前じゃなかったな・・なんとかブラック。カクブラック?うん、その役で

しっかしマニアックな話になっちゃったな。ついてこれてる人いるー?(笑)

あ、今ターボレンジャー始まりました!その前まで「ガンバリスト!駿」やってた。新体操の話のやつ
他にやってるプログラム。「ど根性ガエル」「ときめきトゥナイト」「ミスター味っ子」他多数。私が知らないアニメもいっぱい。てゆーか懐かしすぎ・・・

しかしタイ語吹き替えがおそまつだわ。セリフの合間に流れてるBGMがブツブツ切れるし、たまにオリジナルの日本語の音声と重なってるし、なにより映像と音声がかみ合ってない・・・もう場面が切り替わってるのにまだセリフが続いてたりとか。あいたたたー
[PR]
by max-i | 2005-07-09 23:38 | おたくの話


茉莉の日常。あとタイ(チェンマイ)、福岡ソフトバンクホークスについても少々。


by max-i

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日々の話
タイの話
バトンの話
歌の話
大学の話
踊りの話
野球の話
映画の話
旅行の話
おたくの話
未分類

以前の記事

2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧