カテゴリ:踊りの話( 37 )

ノブタがプロデュース。

サークルの部長というお仕事に就いて、たぶん初めての大仕事をしました。
大学の中庭で新メンバーを含めたほぼ全員のメンバーでタイ舞踊公演を開きました。
新メンバーの練習の成果をお披露目するのと新入生勧誘を目的として一昨年から毎年やってたんだけど、今年はなんか就活とか忙しさを理由になぁなぁになって6月まで引っ張ってしまったよ(笑)
過去の部長・先輩たちの苦労を痛感した・・・。
でも、皆のナイスフォローもあってなんとか無事に拍手を貰って終わってよかった☆ナイスフォローとかいって、実は皆に頼りまくってしまっていたりして(笑)皆ありがとう!おつかれ!!

留学中はなにか事あるごとに踊りに行ってたのに、日本では年に一度の学園祭くらいしか公演の機会がなかったので、こういうイベントは久しぶりでうれしたのしかったですvv自分たちでプロデュースするのは大変だけど!!
初めてタイ舞踊の衣装に袖を通した新メンバーの初々しさとか、自分たちの舞姿とかいっぱい写真撮ろうと張り切って、デジカメを後輩に預けた。
彼女は言った。「先輩、メモリースティックが入ってません!!」

あちゃー

写真には残らなかったけど、公演は大成功だったよ!皆綺麗に踊れてたし、特に新メンバーが、初舞台にも関わらずなかなかいい笑顔で踊っていたのには大物のスメルがプンプンしました。
私のフォン・ノック・ギンガラーはちゃんと踊れてたでしょうか?あの異様な出で立ちに観客がどよめいてる空気が肌に伝わってきて、それが実はちょっと快感でした(笑)
[PR]
by max-i | 2006-06-12 22:16 | 踊りの話

舞姫の心得

チェンマイ大学のサークルの先輩、W兄がサークルの写真を送ってくれました。

舞踊の公演が終わった後に皆で集まって撮った写真かと思われますが、そこにちょっとした発見があった。
写真に写ってる男女合わせて15人前後のうち、ほぼ全員の男がブレてたり顔が出来上がってなくて半目になっていたりと醜態(笑)をさらしているのに対して、普段着に着替えて顔はステージ用メイクのまま、というちょっとアンバランスな女の子たちは全員形のいい微笑みを浮かべてパッチリお目目をカメラに向けて大変華やかに写っていた。

写真好きなタイ人は「自分が一番良く見える顔」を知っている、と仲間内の間で言われてますが、彼女たちはその中でも別格だ。

彼女たちはタイ舞踊の舞姫、見栄えに関してはプロなんだ・・・見習いたいものですね。
[PR]
by max-i | 2006-04-28 22:25 | 踊りの話

4月14日 チェンマイ

朝、筋肉痛の身体に喝を入れて部室に。夜に大きなステージが待っているので、そのリハーサルです。

大学の裏通りは旧市街地(激戦区)と違ってソンクラーン中も割と静かなので、ちょっと油断しました。ソンテウ(ピックアップバス)に乗り込んでチェンマイ大学に入るとき、ふと窓の外を見たら警備員のあんちゃん(仕事中)が水入りコップを持ってニヤニヤ・・・っは!しまった!!!
見事にひっかけられて「ひゃ~!」と叫んだら他の皆と一緒に笑ってた。サワディーピーマイ(新年あけましておめでとう)だ!

で、夜、旧市街地をぐるりと囲むお堀(水かけ戦争最前線)を通って昨日のパレードの終着点、ワット・プラシン寺院に向かいます。
しかし奴らはバッチリ決め込んだ踊り子たちにも容赦しません。男のメンバーが車の外に出て「衣装が濡れちまう!やめてくれー!」と叫びながら渋滞を切り抜けるしかありませんでした。
私の顔にもおもっきし水がかかって、髪や化粧が崩れないか気が気じゃなかった・・・

公演は7時半ごろから、途中小学校など別の団体の公演も含めて深夜12時くらいまで!長い!!
見に来てくれた後輩たちも途中で帰っていきました(笑)
曲目は全部で17曲ほど!私はそのうちの5曲演ってきました。イェイ!!

以下は私が踊った曲紹介。

d0065480_1305175.jpg
私がチェンマイ大学で習った中で一番大好きな踊り
「ロムファー・バーラミー」
衣装も綺麗だし、テンポや曲調が途中2回変わるので、飽きの来ない一品です。



d0065480_1201457.jpg
ビルマ(ミャンマー)の方から伝わったという踊り
「タイアーンカーン」
真ん中の子が私。今まで一度も本番で失敗無く踊ることが出来なくてトラウマにすらなりかけていたんだけど、この日ようやくトラウマ克服。ああちゃんと踊れてよかった(笑)



d0065480_1241389.jpg北タイを代表する踊りの一つ
「フォン・ティエン」
ティエンとはロウソクのことで、コレを踊るのは2度目。ちょっと見づらいけど一番後ろが私。
ロウソクの火を消さないようにゆっっくり優雅に舞うのですが、ロウが指に垂れてくると笑顔とか無理。引きつった顔をさらすハメになる(笑)ハンパなく熱っついのでまぞ以外は相当な覚悟で。


d0065480_1325528.jpg
チェンマイ大学の我らがサークルと言えばこの踊り
「ガーイラーイ」
数十年前にサークルの師匠(?)が少数民族の伝統舞踊をアレンジしたものだそうです。
実は前日パレードで踊ったのもガーイラーイ。大事なステージで必ず踊ります。



d0065480_139447.jpgこの日初めて踊りました。衣装がステキな
「フォン・ノックユーング」
直訳すると「孔雀の舞」ですが、タイ版「天女の羽衣」、「マノーラー」のお話の一部を演じてます。
美しい天女7人姉妹が水浴びをしていると、狩人が末っ子マノーラーを捕らえてストン王子に献上する。出会いは最悪ながら美しい二人は互いに愛し合い・・・物語はまだ続きますが、踊りの内容はこんな感じ。
当日の昼間に私も参加することが決まり、一度も踊ったことないのにほぼぶっつけ本番状態でステージに上げられ間違えること間違えること!
この写真は私じゃありません



d0065480_1513426.jpg
狩人役の後輩Iとストン王子役のT先輩と。
写真じゃ目立たないけどT先輩の化粧は凄かった(笑)



d0065480_1552043.jpg

砂山に立てられた旗たち。
これにも何か仏教的な意味があったんだけど何だったっけ?
公演が終わってから私たちも皆でお願い事して旗を立てました。






深夜1時過ぎに部室に到着。お疲れ様でした。

d0065480_1574542.jpg

力尽きた後輩B(笑)
[PR]
by max-i | 2006-04-21 01:59 | 踊りの話

4月13日 チェンマイ

もう1週間前の話になるんですね。ひゃー早い。
身の回りのことが一段落ついたところで再び夢の世界にトリップしてみようと思います。

そう、先週タイに里帰りしてきてたんでした。
今回日本での生活も忙しくなってたので、帰国後体調を崩す等のトラブルを起こさぬよう、禁止事項をいくつか設けました。

1・面接等でひかれるほど日焼けをしない。
1・5ヶ月のブランクを考えて、留学中は食べれた怪しげなモノも今回はあんまり口にしない。
1・祭りでテンションが上がっちゃっても川に飛び込まない(笑)

4月13日はタイ正月・ソンクラーンの初日です。ソンクラーンと言えば、誰彼かまわない無差別な水のぶっ掛けあいが有名なのですが、チェンマイでは既に11日に始まっていたと聞きます。
国内でどこよりも早く始まり、どこよりも遅く終わるのがチェンマイのソンクラーンだとか(笑)

今回は私はそのぶっ掛けには参加せず、サークル仲間と伝統的なソンクラーンを楽しんできました。

d0065480_0264186.jpg
部室で行われたサークルのワイプラ(仏像を崇める事)
経文(?)を読む先生。
このサークルには部室に仏像と芸術の神様ガネーシャ像(ヒンズー教の頭が像の神様)が置かれているのだ。さすがタイ。
d0065480_0275672.jpg手に9本の線香を持ち、先生に続いてお経を唱える部員たち。
200本近い線香に一気に火をつけたため、室内にたちこめる煙が凄かった。
この煙にやられてJ先輩がまた泣きそうになってた。(この先輩は過去にソムタム(辛いパパイヤサラダ)を食べて私たちの前で涙を流した前科がある)笑。
d0065480_028357.jpg
仏像を降ろし、お花や香水などが入った水をかける。
このように仏像や師匠など年配者に水を注ぐのが本来のソンクラーンです。
先生に続いて生徒たちも次々に水を静かにかけていく。



午後は衣装に着替えて各寺院から運び出された仏像や大学などのパレードに、チェンマイ大学の一員として参加しました。
d0065480_0493372.jpg


チェンマイの街。四角くなってるところが旧市街地で、右側の青い線はピン川です。
オレンジのマーカーがひかれているところが私たちが歩いた道です。
チェンマイ駅からスタートして、ナラワット橋、ナイトバザール、ターペー門を経てワット・プラシンまで列を成して水を左右からかけられながら歩き、途中5回ほど舞を披露しました。
チェンマイ駅からワット・プラシン寺院までというのは、知ってる人は知ってると思いますがけっこうな距離です。
でも日傘をさしていたし、全身で水分補給をしてたのでそれほどバテませんでした。
貴重な経験だったし何度も踊れるのはすごく楽しいことだったんだけど、水に濡れるからデジカメで撮影しなかったのでブログに写真をアップできないのが残念・・・。

地図はチェンマイのフリー情報誌「CHAO(ちゃ~お)」の中から拝借。

で、このパレードの前から最中まで男性陣はビア・チャーン(象印ビール)をガンガン開けていました。特に1名際立って飲んでいた奴は、えらいテンション高いなと思いきや「1ダース(ビンで)飲んだ」とかほざいてました。
その挙句酔っ払いながらフォン・ダープ(剣舞)を舞って、手元を狂わせうっかり頭を切ったらしい。バカかぁ!!!

このパレードへの参加で私の今回のチェンマイに来た目的は35%ほど達成されたようなものです。
水かけだけなら毎年参加できるけど、パレードには多分今のサークル仲間が在学してるうちまでしか参加できないだろうから。

残りの25%が14日のステージでの舞い、40%はその他もろもろ!!
というわけで次回は14日の模様を。
[PR]
by max-i | 2006-04-20 01:18 | 踊りの話

おつかれさまでーす!

いや、ロッテ強すぎ!!まぁそれは今はどうでもいいや。(え!?)

タイ舞踊公演2日とも無事終了しました!まぁ失敗も少々ありましたが悔いや反省点はないですね。よくやったと思います。
いやー疲れた。何が一番疲れてるかってお肌!!コッテコテのメイクお疲れ様です。ここでケアを怠るとあとで泣くからねもう若くないから(自虐的発言)

実は初日、公演の数時間前にJ先輩から国際電話があったんですよ!うわーお!!まぁ今日踊るってのは知らなかったらしいんですが(笑)
「今日踊るのよ」って言ったら途端に踊りのお師匠に早変わり。
「踊る前にワイクルー(踊りの先生への尊敬等を表す合掌)を忘れないでね!それから先生の踊りを思い出して。」などなど久しぶりの再会(音声のみ)にも関わらず今までと同じような口調でアドバイスくれたのが嬉しかったですねvv
だからフォン・ダープ(剣舞)踊る前にちゃんとJ先輩とW先輩を頭に思い浮かべたよ。B先輩も。剣舞が上手い先輩たちは皆私のクルー(師匠)。
まきしは頑張りました!上手い下手は二の次でねv(笑)

d0065480_22454535.jpg


これがフォン・ダープ。刀を振り回すまきし(の後姿)
[PR]
by max-i | 2005-10-23 22:51 | 踊りの話

明日~!

踊りますよ!大学の文化祭で!!

私はソロでフォン・ノック・ギン・ガラー(鳥の舞)とフォン・ダープ(剣舞)を踊ります。
先輩たちは古典舞踊躍っちゃったりもしますよー!今年の公演は凄い!!気がする

剣舞を人前で踊るのは初めてなので緊張しますねー。お空の向こうから応援しててね師匠よ
歯をおっ欠く程頑張って練習しました(笑)
ギン・ガラーの方も重い羽に翻弄されつつ頑張ってます。タイ語の先生(タイ人)も楽しみだって言ってたし。でも先生・・・コレ蝶々の衣装じゃないんですよ(笑)

おヒマなら来てよね!!
[PR]
by max-i | 2005-10-22 00:45 | 踊りの話

一人で勝手に負傷。

フォーン・ダープ(剣舞)の型の中に刀を咥えて踊るというものがあるのですが、今日それの練習中に歯を欠きました。笑っちゃうよ!
神経に届くほど酷いものじゃないけど舌が欠けたトコにチクチク当たるのがなんとも面白くないです。

過去にロロノア・ゾロ(ワンピース)の三刀流を真似て歯を折るバカ男子の話を聞いたことがありますが、まぁ早い話それと同じこと。痛たたた。(精神的なものが)

他にも柄を手にぶつけて内出血を起こしました。
やっぱり剣舞って危険な踊りなんだねW先輩、J先輩(涙)
ナメてかかった私が悪かったよ。心入れ替えて頑張るよ
[PR]
by max-i | 2005-10-03 22:45 | 踊りの話

ブランク

約1ヶ月ぶりくらいに「フォーン・ノック(ギンガラー)」の翼を纏ってサークル(日本のね)の前で私の半年間のタイ舞踊修行の成果をお披露目してみたらアラ大変。
翼が重く感じて足がもつれるわステップを間違えるわで散々な結果に・・・><先輩後輩全員ひいてる空気がシビシビ突き刺さってきた・・・・・・・・あちゃーこんなはずでは
もともとタイ舞踊の中でもマイナー(?)な踊りなので日本人にはまだ受け入れがたいものだったりして・・・初めて多くの日本人に踊りを見てもらって、本場チェンマイでは決して感じることの無かった「未知との遭遇」的な反応に一抹の不安を感じます。いや、ひかれた一番の原因は私の下手さにあるんだけど(笑)
1ヶ月のブランク・・・なのかなあ。W先輩(師匠)が見たら怒るってコレ。10月の学園祭までに猛特訓決定。・・・はっ!本番まで1ヶ月ないじゃん

ところでサークルがある度に毎回でかい翼を自転車に無理矢理乗っけて登校するのはちょっと危険(笑)何かいい運搬方法はないかしらん。
[PR]
by max-i | 2005-09-27 00:22 | 踊りの話

あーあー夕立来ちゃったよ(リアルタイム)

切なさのあまりネタがまとまりませんまきしです。こんにちは。日本時間ならもうこんばんはか。

昨日はお知らせどおりTVで踊ってきました!でも知り合いの中にTVを見たってヤツが誰一人いないので出来映えはさっぱり分かりません!だ!

ただTV出演の話だけ聞いてのこのこサークルの皆に付いてったんですが、どうやらチェンマイ出身でサークルのOBでもあるルークトゥン(タイの演歌)歌手兼タイ音楽演奏家が主催した(?)タイ北部伝統芸能公演のようなものだったようです。ちなみにW先輩と踊る予定だったフォーン・ノックはステージの狭さの都合で先輩のソロに変更されました。ホッとしたような、少し残念なような。
私は別の踊り1曲踊ってきました。これがタイでの最後の演舞になるかと思うと本気で涙が出そうになり、W先輩から「明日お前のためにステージを設けてやる」と慰められました(笑)

d0065480_18243150.jpg

リハーサルの様子。ステージいっぱいに演奏家が。結構な人数です。ちなみにこの人たちはほとんどが先に紹介した歌手が無料で開講してるタイ北部音楽学校の生徒たちです。ほとんどが小中学生の子供です。
で、踊るスペースは僅か。8人で踊ってキチキチだったー(笑)

d0065480_18315291.jpg

花火。今年の夏はもう見れないものと諦めてたのにタイのしかもド田舎(笑)で見れて感動!!

イベントが終わってバスに乗ったのが0時近く。更に寮に帰ったのが3時半過ぎでした。ひーバスの中で寝ちゃってコンタクトが乾いたよー

さて、雨も小降りになったかな。出掛けてきまーす。ドロン。
[PR]
by max-i | 2005-09-12 18:37 | 踊りの話

え・・・生?

W先輩:「てかまきし、11日に俺たちサークルがTV出演するから。まきしはフォーン・ノック踊るんだぞ。」

いきなり部室で言われた。え。ええええええ!?ててててテレビ~!?

私:「私程度の実力でTVはムリですって!!」(と言いたいけどタイ語力が追いつかない上にパニック状態)

W:「あ、そうだ今回は俺と2人で踊るんだった。あとで練習すんぞ!」
私:「ええ~!!」

今までフォーン・ノックはソロで踊ってたんで、ペア演舞は慣れてません。てか初めてのペアでTV!?やっぱムリだってこれ!どうしよう!DOしYO!!
加えて、W先輩は私のフォーン・ノックのお師匠でもありいわばプロフェッショナルです。そげん人と並んで踊るのは、初心者にとって拷問に近い羞恥プレイで以下略。

(適当な)練習後ー。

私:「ちなみに先輩、TVって生ですか?」
W:「んんー?うん、多分生じゃない?」
私:「・・・・・・・局は?」
W:「11チャンネルだって。」

・・・・・・・・・・・・・全国放送かよorz
せめてローカルニュースでありますように!まじで!!

というわけで、9月11日(日)まきしのTV出演が決まりました!局は11チャンネル!時間は未定!会場はランパーン県です!!乞うご期待!嘘!乞うてません!!
[PR]
by max-i | 2005-09-05 22:42 | 踊りの話


茉莉の日常。あとタイ(チェンマイ)、福岡ソフトバンクホークスについても少々。


by max-i

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日々の話
タイの話
バトンの話
歌の話
大学の話
踊りの話
野球の話
映画の話
旅行の話
おたくの話
未分類

以前の記事

2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧