<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

実は本気で来年の秋、結婚しますw

彼氏が還俗して、落ち着いたら仕事を探しに来日する予定なので、それを機に結婚してビザを取っちゃおうということに






なるわけないだろう。





「実は本気で来年の○、結婚しますw」とぃぅタィトルにしなきゃぃけなぃバトン☆ミ
・○の中には春夏秋冬のどれかを入れます。
 1~3月生まれ…春
 4~6月生まれ…夏
 7~9月生まれ…秋
 10~12月生まれ…冬

♡ルール♡
・見た人はコメントを残して自分もゃる事♪
・絶対!強制!!Ψ(●`▽´●)Ψ
・足跡に証拠残ります♡
 見ちゃった人、頑張って(●ゝ艸・)

☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆


1.結婚するなら何歳でしたい?


 24~26。20代半ばってことかしら?

2.子どもは何人欲しい?

 2人。3人はたぶんちょっと多い。
 
3.何歳で子ども産みたい?

 30前にはなんとしても!だから結婚したい年齢が↑のようになるの。

4. 理想の男性or女性は?

 優しくて頼れる人 
 家事・育児を協力してくれる人
 浮気しない人(笑)

5.新婚旅行は何処に行きたい?

 バリ島かイタリア!

6.好きな人or恋人はいますか?

 いますw 

7.その人の何処を好きになりましたか?

  活動家なところ・・・?あと踊りが上手いところ

8.デートでは手を繋いで歩きたい派?

 あ・・歩きたい・・・

9.結婚とはあなたにとって何ですか?

 第二の人生のスタート地点。
 姓も生活も全く新しく変わるわけですし

10.浮気に対してどう思いますか?

 許さん!

11.あなたが思う浮気とは?
 
 自分の欲望の都合で彼女(彼氏)を泣かすなんて最低だよ

12.離婚に対してどう思いますか?

 本人が決めることだけど、私はしたくない・・・

13.願いが3つ叶うなら、何を願う?

 ・・・秘密w


14.特技はありますか?
 
 タイ舞踊~

15.苦手な事はありますか?

 手先の器用さを求められる作業。
 
16.好きな科目は何ですか?
 
 タイ語・現代国語・世界史

17.嫌いな科目は何ですか?

 数学・数学・数学・英語(外大生なのに)

18.1月~12月で、どれが一番好きですか?
 
 9月
  
19.それは何故ですか?
 
 誕生日があるし、秋晴れで清々しい天気だし、大好きなコスモスも咲くし

20.あなたは今幸せですか?

 自由気ままな生活だし、好きな科目ばっかり勉強できるし、まぁ幸せ・・・かな。
 寂しい日もあるけど。
[PR]
by max-i | 2006-11-29 23:38 | バトンの話

クーデターの名残

今日のニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061128-00000311-yom-int

タイで9月のクーデターから今まで敷かれていた戒厳令がようやく一部を除き解除されることとなった。

・・・・・・・・・・

解除されてなかったんだ、まだ。

しかもチェンマイとか北部はまだこれからも敷かれっぱなしなんだ。

アレで戒厳令の最中だったんだ・・・。知らなんだ・・・。
[PR]
by max-i | 2006-11-28 23:31 | タイの話

一人暮らしの恐怖(ドラマ仕立て)

一人暮らしで生じる問題はいろいろあるんだけど、どうしても勘弁な問題は二つ。

1、オカルト系(怖い話を見聞きした晩はお風呂に入れない。)

2、虫。

いずれも私がビビリな性格なために問題視されるだけなんだけど、もう虫はどうしようもなくダメ。おばけも怖いけど、虫はおばけよりも身近に潜んでいるのだ!!

日が暮れてから洗濯物を取り込む瞬間が一日の内で一番神経質になります。パンツの影とかに隠れてるから。虫が。くわばらくわばら・・・

最悪だったのは先月末、タイに行く前日の出来事で、荷造りと部屋の掃除を同時進行で進めてる真っ最中にヤツは飛び出した!
夕方取り込んでおいた洗濯物をタンスにしまおうと洗濯ばさみから外していると“何か”が洗濯物からボトッと落ちてきた。「何だ?」と思う間もなくその“何か”は大きく羽根を広げて狭い私の部屋を無遠慮に飛び回り始めた!
ソレは体長5センチをゆうに超えていそうだったスズメガの様なでっかい蛾で、飛ぶと蜂のように「ブ~ン」と羽音がした・・・!!!
真夜中にも関わらず「ギャッ」と叫んでキッチンの方に逃げたけど、いつまでもこうしているわけにはいかない。荷造りも掃除も終わってない上に頭の上をでかい図体でブンブン飛ばれていては眠ることすらできない!
とはいえ、こうみえても一般的な日本人よりは真面目に仏教を信仰している(と自負している)身としては殺虫剤をワンプッシュ!な気にはどうしてもなれない。本音を言えばその後の死骸処理が気色悪くてやりたくないだけだけど(笑)
ゴミ箱からプラスチックカップを漁り出し、上から被せ、その下から紙を挟みいれて完全に閉じ込めてからそのまま外に放り出そうと、蛾がようやく壁に止まったところでカップを構えたけれど・・・
「こんな薄いカップじゃ絶対羽の振動が伝わってくる!嫌だキモイ!というか手元が狂ってグシャってヤっちゃったらどうしよう・・・よりによってココは私の布団の真上じゃないか・・・!!!」
などとなかなか一歩が踏み出せないでいると、殺気を気取られまたブンブンとやられ、私は「ヒイッ」と叫んで仰け反り振り出しに戻る。もう日付はとうに変わっている。タイ出発は明日ではなく、もう当日だ
次の作戦に移るべく、意を決してキッチンから蛾が暴れてる居間に踏み込む。その際、蛾が間違って私にカミカゼ突進を繰り出さないとも限らないので、先ほどのプラスチックカップをシールド代わりにして自分の身を守ることを忘れない。
で、居間に置かれた最終兵器(殺虫剤)を手に取った!仏教徒も限界だ。畜生道に堕ちようとも早々にこの場を解決しなければ、私は眠れないし、タイにもいけない。2週間バカンスを楽しんだ後、どこかに蛾の屍が転がったマイルームになんて台風に襲われても帰りたくない。
殺虫剤で“ちょっと”弱らせ動きを鈍らせてから捕まえて外に放り出してやろう、と悪あがきを考えちょっと吹きかけてみると、蛾は毒に驚いて更に激しく暴れ回り、同時に私も驚いてキッチンに一時撤退した。もう足もガクガクで怖くて本当に泣けてきた・・・!!
見境無く飛び回ってるうちにポロッと外に飛び出るんじゃないかと窓を全開にしてみた、が、部屋の明かりに誘われてヤツが外に出る前に別の蛾、虫に入られたらたまったものではない。ので、部屋の電気を消した。寒いし、蛾の動向も全く見えなくなって怖さ倍増だ(笑)
無駄に部屋の暖気を外に逃がすばかりで肝心の蛾は夜の闇など見向きもしない。
そうこうしているうちに私の恐怖メーターも振り切れて感覚が麻痺したらしく、キッチンを飛び出し小刻みに殺虫剤を噴きつけながら格闘は数十分にも及んだ。
とうとう毒が回ってきた蛾はロフトの方に飛び込み、姿が見えなくなった。
ロフト、すなわち布団が敷いてある寝室だ。げんなりだ。
蛾が元気を取り戻して私の顔面に飛び込んでくる恐怖と戦いながら、恐る恐る階段を上がる。
ヤツはいた。私のオアシス布団の上に・・・。また泣きたくなった。
しかし動かない。生きているのか?死んでいるのか?階段という不安定な場所、しかし決着をつけるのは今しかない!
とどめにもう一度だけシュッと殺虫剤を吹き付けた。何度も言うけどそこは私が唯一安息を得る場(布団)であり、同時にそこは護符や仏像を置いてある簡易仏壇の前だ。最早無益な殺生をどうこう言ってられる精神状況ではなくなっている。
それでも暴れないので、私は階段を駆け上がりカップをドンと被せ、すばやく下に紙を滑り込ませ、ロフトの小さい窓からポイっと中の蛾を捨てた。
ようやく1時間にものぼる私とヤツの戦いは終わった。息が上がって手が震えていた。
もう荷造り・掃除を続ける気力があるはずもなく、そのまま目の前の布団に倒れこみたいところを堪えて、階段を下りてキッチンから塩を持ってきた。
蛾の最期の地となったかもしれない布団の上(しかも仏前)で寝るのはどうにも気持ち悪いので、決戦の地点あたりにパッパと塩を撒いた。
その晩のジャリジャリな寝心地は忘れられない。

そのような壮絶なドラマを経てみんな一人で笑って生きているのです。
しかし今年もなんとか見ないですんだけど、いつかあの黒いボディのGがキッチンに現れた日を想像すると実家に帰りたくなります。誰か助けに来て!!!

でもそんな虫嫌いな私ですが、実は部屋にいる1センチくらいの蜘蛛は放し飼い状態です。
潰すのが気持ち悪いので、部屋の隅をそのまま歩かせておいてます。一応名前もあげました。
家主としては、蜘蛛もそのことに感謝して、窓の外などに巣を張って害虫を駆除するなどの恩恵を私に授けて欲しいところなのですが。
そんなことされたらベランダに洗濯物が干せなくなるか。

なんで今更先月の虫の話をしたかというと、先日また洗濯物に紛れて蛾が部屋に侵入したから。
でも今回は前のスズメガより小柄で、勝手にブンブン飛び回ったあと、床に散らかってたビニール袋の中に自分から迷い入ってくれたのでそのまま袋ごと外にポイ捨てして事は片付いたのですが。
その時は冷静だった。いやぁ人間って強くなるものです(笑)
[PR]
by max-i | 2006-11-28 00:10 | 日々の話

芸術のオータム

昨日、東京の国際フォーラムで行われた「プーミポン国王陛下御在位60周年記念特別公演」を観に行ってきました。

これは今年のタイ国王ラーマ9世御在位60周年記念を祝っての日タイ両国に伝わる天女物語の舞踊公演で、前々から凄く観たいと思ってたんですが、入場料が5,500円とこちらも凄くアレで、「とてもじゃないが手が届かん」と断念してたのですが、先のタイ語弁論大会でお世話になった在京タイ大使館のご好意で特別招待されちゃいました。すっ凄い・・・!!!

受付で名乗ると、特別シートみたいな封筒に入った人数分のチケットが!そして会場に入って案内された席に着くと、2階席ど真ん中。ビ・・VIP席みたいだ・・・・・
そんな席だから周りも、品も地位もありそうなご年配の方々ばかりで、私ら学生にそんな待遇勿体無いデスヨ・・・?と、キュッとなった(笑)精一杯のお洒落をして行ったのは正解(笑)

当初は写真も撮る気マンマンで、「館内撮影禁止」のアナウンスが流れても「こっそり撮っちゃダメかな?」なんて軽いノリで友達とはしゃいでいたら、突然周りの人々が立ち上がりだしました。
何だ?と皆が向く方を見ると、

先日待望のご長男を授かり、親タイ家でも有名な皇族のあの御方が。

殿下はそのまま私の左ナナメ5メートルの席にお掛けになり、「こりゃー撮影も固く禁じられるはずだ」と盗撮を断念。
写真に残らない分記憶に焼き付けようと舞台を睨みつける。

開演。
タイで有名な舞踊家と、日本におけるタイ舞踊先駆者である秋元加代子氏らによる「国王を讃えるお祝いの舞」の後に日本舞踊「羽衣天女」公演。
『地上に降り立った天女が水浴中に若者に羽衣を奪われ、帰れなくなって若者と一緒になるが、最後は若者を残して天上に帰る―・・・』って有名なあの昔話です。
タイ舞踊ばかりに気をとられてこの日舞の方はノーマークだったのですが、こっちもとてもキレイでした。
しなやかな扇子の舞、天に昇る天女の軽やかな舞、艶やかに揺れる羽衣、
タイ舞踊の出演者が20名を超える大人数だったのに対して日舞は天女と若者の2人だけだったのですが、寂しい感じも無く日本の美しさを最大限に魅せてくれました。
音楽もわりと新しい感じだったので堅苦しい雰囲気もありませんでした。

15分の休憩の後、いよいよタイ古典舞踊「マノーラー」。
日本の羽衣物語に凄くよく似た昔話です。
『半人半鳥(キンナリー)の美しい姫マノーラーが姉たちと水浴中に翼を奪われ捕まり、ストン王子に献上されて王宮で暮らすが、悪者に陥れられかけたところで翼を取り戻し一人キンナリーの国へ帰っていく―・・・』
そこまでは日本の話とほぼ一緒ですが、タイのいいところはストン王子がその後マノーラー姫を追って7年以上かけてキンナリーの国に辿り着き、再び二人は結ばれましたとさ、めでたしめでたし。となるところです。遠距離恋愛の理想の形ですね(笑)
で、それを生演奏&唄い人に合わせて話を進めていくのがタイの古典舞踊のスタイルなのですが、こういった形で生で観るのは初めてでした。
しかも舞台に立つのはタイの王立舞踊団。王立。
レベルが違うよ・・・!!!!!!
足並み揃った7人のキンナリー姉妹の舞などはもう圧巻でした。
豪華絢爛で煌びやかな衣装も日舞とはまた違った魅力でした。

終始鳥肌が立ちっぱなしでした。帰りの総武線が満員でも、その余韻は消えませんでした(笑)ああ一生の思い出にしよう

北海道で食欲の秋・東京で芸術の秋を堪能してきた連休でしたが、次は読書の秋もしたいです。
何か面白い本ないかなー。あっ!明日から学校だ

d0065480_16213340.jpg

ちなみにこれがキンナリーの衣装なのですが(半人半鳥なので羽根が付いてる)

d0065480_16185970.jpg

私のこれもキンナリーです。

同じキンナリー種なら一度は上の女性的で綺麗な方の衣装も着て踊ってみたい・・・です。
[PR]
by max-i | 2006-11-26 16:25 | タイの話

白い恋人~♪

大学の大型連休を利用してマイミクのさみーと初めて行った北海道!略して初海道(笑)でっかいどー!!!

出発前に見た天気予報では、私たちが旅行した水~金はほぼ毎日大荒れの天気とかふざけたことを言っていましたが、もうこの際気にしないことにしました。
そうしたら私たちの日頃の行いがいいせいか(笑)、あんまり荒れずに2泊3日楽しめました。

夜行列車で1泊→定山渓温泉の旅館で2泊→新千歳空港から羽田へひとっ飛びというプランで行ってきましたが、いやぁ夜行列車は素晴らしかった!ロビーでは有頂天ホテルやってた。
私たちが乗った5号車、私たち以外誰も乗ってこない・・・さすが平日

定山渓温泉は札幌駅からバスで1時間半弱とちょっと遠いのがネックだったけど、温泉気持ちいいわ料理美味いわでホクホクw
10時~21時半まで女湯として入れる温泉はめちゃくちゃ広くてはしゃがずにはいられなかった!露天風呂が15メートルくらい?あって寝湯のスペースもあって・・・ああw写真撮れなくて残念!!!!
ただ、上記以外の時間、男湯と入れ替わったお風呂はうんこだった。同じ旅館内でなんでこんなにスケールが違うの?って位しょぼい温泉で深夜風呂と朝風呂を余儀なくされてがっかり
だけどしっかり1日3回温泉に入りました。茹だろうともそこに風呂があるから入るというシズカイズムの精神です(何だそりゃ)
露天風呂は寒かったけど、雪が降ったら降ったで露天風呂で雪を愛で、雪が止んだら寒空に広がる満天の星―・・・は雲で見えなかった(笑)

あと食。
「名物食べまくって3キロは太るぞー」なんて軽く言ってたら、本当に2日間で3キロ太りました。有言実行の女ですね(笑)
イクラ、カニ、ウニ鍋、あんこう鍋、小樽のお寿司、札幌味噌ラーメン、老舗の団子と上生菓子、ホットチョコレート、ルタオのドゥーブル・フロマージュ(芸能人御用達)、六花亭のマルセイバターサンド、白い恋人、ROYCEの生チョコ、地ビール、メロンワイン、
道産子は日頃からこんなものを食べているのか嗚呼羨まし。

残りの土日連休は北海道の余韻に浸りつつ、絶食です

d0065480_12572622.jpg

おなじみ上野初の夜行列車「北斗星」。もうこの時点でテンションMAXなのだ

d0065480_12585462.jpg

上陸~。まず何はともあれいくら丼。こんなご飯が見えないほどのイクラちゃんは内地では見たことがねぇw

d0065480_13472455.jpg

さみーが一目ぼれしたナイス大将。前科持ち(本人談)なのでご本人の希望により目線を。
あえて言うなら、彼の誕生すしは、くらげ。

d0065480_13503333.jpg

温泉でほっこり。カニをむさぼれ!!!

d0065480_13534885.jpg

食べ歩きばかりじゃないぞ!名所「小樽運河」をパシャリ

d0065480_13554448.jpg

奥の白い方が有名なドゥーブル・フロマージュ。うまー!!

d0065480_13594323.jpg

日本で初めて味噌ラーメンを発明したというお店の味噌ラーメン。

d0065480_1411578.jpg

生チョコで有名なROYCE(ロイズ)でイートイン。ホットチョコレートにお菓子がついてきたw

d0065480_1424349.jpg

初めて食べた!空弁「石狩鮨」。国際線には機内食がつくから、飛行機で弁当というのはなんだか新鮮
[PR]
by max-i | 2006-11-25 14:05 | 旅行の話

帰国から早や1週間・・・

今日、そのことにふと気づいた。そして同時に気づいた。

私、明日、北海道に行くんだった・・・。

タイ旅行、タイ語弁論大会と怒涛の一週間の所為で出発前に燃え尽きてしまった・・・。
でも楽しみ☆
上野発の夜行列車降りてから札幌で遊んで温泉入るんだww
死ぬほど寒いだろうけど、雪が降ったら写真を撮ってタイの皆に見せてあげるし、カロリーも気にせずラーメンと小樽の寿司と有名スイーツを食べるんだ☆
弟にはお約束の木彫りの熊の置物を買うことに決めている。もちろん嫌がらせだ(笑)


その前にはまずこのタイからの荷物をひっくり返した部屋を片付けていかねば・・・・・
どうして一週間に満たない短時間でここまで散らかせるんだ私は。才能か。

あ、新米炊きました。
卵割って卵掛けご飯の用意して待ってたのに、一口味見してから止まれなくなって危うく一杯米だけで完食するところでした(笑)
[PR]
by max-i | 2006-11-20 22:28 | 日々の話

( ゚∀゚)o彡°コメ!コメ!

d0065480_15111276.jpg


ライフライン届いた!米!2升!しかも親戚ん家の新米!!ひゃっほう!!!

しかし!それを引き立てるおかずが無い!!帰国してから冷蔵庫まだ空っぽ(笑)

なので、今晩の飯は一緒に送られたインスタントラーメン(みそ)に決定。
せめて野菜があれば炒めて野菜ラーメンに出来るんだけどなぁ。たまねぎとじゃがいもだけしかない。
わびしいわぁ

雨降って寒くて買い物に行けません。ブルブル・・・
[PR]
by max-i | 2006-11-19 15:18 | 日々の話

早くリハーサルを・・・って、え!?本番5分前!??

今日はウチの大学主催の「タイ語弁論大会」がありました。東京外国語大学・天理大学・大阪外国語大学と他校をお招きしての大掛かりな大会としては初めての試みです。
スピーチの方はめんどくさかったので(笑)エントリーしなかったのですが、その代わりに先生より司会進行という大役を任されました。めっめんどくさい・・・!!!
しかも初めての試み故か、タイ人の大らかさ故か、綿密な計画がなされず予定変更に次ぐ変更は本番中にも続き、アドリブ嫌いな司会はてんてこ舞いです・・・。

しかも、司会を務めた私とガイ(マイミク)は二人ともラムタイ同好会のメンバーなので、弁論休憩中に披露するタイ舞踊にも参加しなければならず・・・私は一度目の休憩時間にタイ楽器の先生と、二度目の休憩時間に同好会メンバーと踊ってきました。
12時の開場から17時半のプログラム終了まで一度として腰掛けることなく駆け回った私たち司会2人にも努力賞を授与してほしい気分で胸がいっぱいです(笑)
いや、胸がいっぱいというか、色んな意味でいっぱいいっぱいだったので皆の弁論があんま聞けなかったのが残念でした。
皆頑張ってました。私たちも頑張りました。受付・照明など務めた後輩も楽器演奏を披露した1年生もラムタイメンバーも皆頑張りました。
舞台裏では必死だったけどなんとか成功(?)に終わってよかったです
賞金・景品Getした皆さんおめでとうございました!!

あと、やっぱりタイ舞踊は楽しいです(笑)
今回、タイ楽器の先生と新しい型の「フォン・ノック・ギンガラー」を踊りましたが、アクロバチックなアクションに客席から歓声が上がるのを聞くのは気持ちがいいですw
久しぶりに組体操やった気分だわ(笑)

弁論テーマは『タイと私』だったんだけど、もし私が弁論大会にエントリーしてたら確実にタイ舞踊ネタを持ってきてただろうな。うん(笑)
それでもアリだったかな??
[PR]
by max-i | 2006-11-18 22:08 | 日々の話

ジャンクアルバム

この2週間分の写真(一部)を全部ぶちまける。
本当はきちんと詳しく旅のエッセイを書いてその中にそっとその場面の写真を添えるべきなんだけど、もう2週間濃すぎていちいち話題ごとに写真を分けるのめんどくさい(笑)訛って言ったらずくがない。

d0065480_22104693.jpg

バンコクでPエム・アッタポンのナイトライブ。会場のクラブに行ったらド真ん中かぶりつきの席が用意されていた。

d0065480_22134188.jpg

「おしっこもれそう」
なんて言うから本当にそう見えてくるじゃないのみずきのバカバカ。

d0065480_22155725.jpg

チェンマイ大学のニューフェイス「クルワイトード」。初対面の私にじゃれて噛み付き、最終日にはおしっこを引っ掛けるやんちゃボウズ。

d0065480_22195112.jpg

仏前にお供えしたメシを皆でいただく。線香の灰も絶妙なスパイス。

d0065480_22211944.jpg

今回初めて北タイ名物「生ラープ」に挑戦してきた。豚の生肉たたきと血・スパイスを会えたものだけど、生臭さはなく美味!お腹を壊すこともなかった。手前が一般的な加熱した豚肉のラープ。

d0065480_22265129.jpg

注目のチェンマイ花博。綺麗だけど真昼は暑い・・・一日では全部見て回れない広さ。

d0065480_22283082.jpg

今年のロイクラトン大ステージ。去年大失敗した踊りだけど、今年も実はこっそりちょっと間違えた(笑)私はどこにいるでしょう。

d0065480_22303546.jpg

お気に入りの踊り。日本のサークルでは衣装と人数が足りないため、チェンマイ限定の踊り

d0065480_22321355.jpg

初の「フォン・ノック・ギンガラー」ペア演舞。隣いるのはこの踊りのお師匠にあたるW先輩。激上手なので並んで踊るのはイヤだった。でも楽しかった。

d0065480_22375226.jpg

ステージが終わった後に皆で灯篭流し。恋人同士のイベントでもあるので去年は彼氏と流した。イヤ、皆と流しても楽しいんだけどね

d0065480_2239477.jpg

やっぱり皆で熱気球飛ばし。去年はk(以下略)イヤ、皆と飛ばしても楽しいn(以下略)

d0065480_22445771.jpg

チェンマイを離れサメット島へ。青い海、白いビーチ、揺れるブランコ、まどろむ乙女、

d0065480_22472755.jpg

クロ子(仮)美人で賢い・・・いやしんぼ(笑)

d0065480_22485286.jpg

バンコクに戻って父者と行ったサイアム・パラゴン地下の水族館。しっかりチケット代分楽しませてくれた。

d0065480_2250203.jpg

父者が食べさせてくれた旨メシその一。ソンブーンの「プー・パッ・ポン・カリー」など。メニューに値段が書かれていないので恐ろしいことこの上ない。

d0065480_22525858.jpg

その二。駐在員の間で話題の(?)「山小屋ラーメン」。日本食が恋しい父も唸る味。

d0065480_2255455.jpg

その三。話の種にと大戸屋サイアム・パラゴン店。豚キムチ丼は今度日本でもまた食べよう

d0065480_22573146.jpg

タイ最終日は父者に付いて行って父の仕事場サラブリー県へ。初めて見た一面のヒマワリ畑に一瞬言葉も忘れる。見渡す限り・・・とはこのことだった

d0065480_2321289.jpg

仏陀の御足跡が祀られたありがたいお寺。父者は約20年前からサラブリーに携わりながら今までサラブリーを代表するこの寺の存在を知らなかったらしい。親父ぃ!

d0065480_2365219.jpg

大人しく撫でさせてくれた寺猫(♂)。今回は美形の犬猫に会う率が高かった。

d0065480_2382073.jpg

サラブリーの隣ロッブリー県。街中の遺跡と猿。ロッブリーは猿の街。小猿は果敢にも私の足に飛びつき遊びにかかってきた。縮小すると猿が見づらい・・・

今回の旅で800枚近い写真を見境なく取り捲って来ました。
苦労して選んでブログに上げるもこの量だ・・・。
[PR]
by max-i | 2006-11-16 23:14 | タイの話

TSUNAMI

本当に来るんだろうか?来週わたしたちも北海道行くのに、津波に先を越されて面倒なことになるのはイヤだ。
暢気に構えているけど、津波注意地域に弟者の居住区近くも含まれているので・・・
あいつ・・・ちゃんと水着に着替えたかなあ。
ダイビングサークル入ってるらしいけど基本的にビビリな性格だからなあ。

NHKの中継に全く動きが見られないし、なんとなく落ち着かなくてタイに電話をかけて、「これから日本にツナミが来るよ」と言ってビビらせてやった(笑)
でも、友人(N先輩)の出家式を明日に控えて忙しかったらしく、すぐに切られた。構っておくれよ;;

今のところまだ大事にはなってないけど、30~1時間後くらいに弟者が太平洋に放り出されてなければいい。

それとは関係ないけど、大事なiPodが壊れました。どうしよう。
[PR]
by max-i | 2006-11-15 22:18 | 日々の話


茉莉の日常。あとタイ(チェンマイ)、福岡ソフトバンクホークスについても少々。


by max-i

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日々の話
タイの話
バトンの話
歌の話
大学の話
踊りの話
野球の話
映画の話
旅行の話
おたくの話
未分類

以前の記事

2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧