<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

腕自慢

本邦初公開

腕です。私の。
あと洗濯機です。無印良品の。

d0065480_0312976.jpg


およそ人間の腕とは思えませんが、別にどこも折れてません。

今日、タイ舞踊の先生に腕を褒められました。
スキルを褒めてもらいたいところですが、褒められたのは形だけです。それはまぁいいとして。

先生:「茉莉ちゃんみたいに、腕を伸ばしたときに肘の下が山の形に反るのは、昔はとても良い腕と言われたヨ。昔のタイ舞踊家の写真を見たらみんな腕がこうなってたネ。」

私(ちょっといい気):「えへへ本当ですかぁ?でもなんか気持ち悪いー」

先生:「ウン。だから私はこうはなりたくなかったヨ!」

私:「先生ぇぇぇえぇぇぇぇぇぇ!!!!!


あくまで昔の話ネ。



それはさておき、私のタイ舞踊練習用のベルトがどこかに失せてしまったのですが、私はどこに置いたんでしたっけ???(知るか)
部屋に無いからレッスンスタジオのロッカーに置いといたと思ったら、今日探してここにも無かった・・・

アレがないとこの先私は・・・ポロリ必至!?

タイ舞踊の練習着は一枚の布を折って巻いてズボン風にしてます
だから押さえのベルトがないとポロるんです。

どこに置いたっけなぁ・・・重いもんだから落としたり捨てたりすることはないんだけどなぁ・・・
[PR]
by max-i | 2009-08-27 00:50 | 日々の話

もう帰っちゃうからね!!

7月26日(続き)

正午ちょい過ぎ。

メーサー・エレファントキャンプからチェンマイ市街に戻る車の中でティーラックに電話をかけてみる。
こないだの話なら、前日晩のバスに乗って朝9時頃にはチェンマイに戻ってるはずだ。

「あもしもし!茉莉ぃ!!
ダメだったよ!昨日の夜出るバスがなかった!
さっきガラシン発に乗ったとこだから着くのは今日の21時くらいだ!
茉莉が帰るのは何時?え19時!?どうしよう!!」

やっぱりね。

どうしようもクソもない。

でもはるばるタイまで行って、会えずに帰ることは今回が初めてではないので、なんとか冷静さを保つことに成功する。
まあ帰る前に電話ちょうだいよとだけ言っておいた。

ティーラックのことは泣く泣くここで諦め、

d0065480_2213356.jpg


ドーイステープへ・・・って
あーあーあーせっかくの金ピカが修復中ってか

しかも雨で視界が悪い・・・orz


山を降りた後は、チェンマイ大学の中にあるカフェ「ディン・ディー」で友人Yと待ち合わせる。
ここで教えてもらったプリンが激ウマだったww
Yにはせっかく山(新居)から降りてきてもらったのに、時間に追われて長居はできなかった。ゴメンね
いつも付き合ってくれてありがとぅー

レンタカーを返し、あとは僅かでも日曜恒例の歩行者天国を歩ければ・・・と淡い期待を抱いていたけど、旅行カバンを抱えてそぞろ歩く体力が誰にも残されていないのと、父者が飛行機の時間を間違え、フライトの2時間半も早くに空港に着いてしまい、非常に時間を持て余した・・・。
空港内のしなびたレストランに入り、最後の晩餐とばかりにスイカシェイクとカオパット(チャーハン)を注文した。

d0065480_2345499.jpg


一口噛むごとに卵の殻がジャリジャリした・・・・・。

orz


3泊のタイ旅行もこれでお終いか。あっという間すぎてなんだかなぁという感じである。
家族旅行、友人との再会、買い物・・・自分がやりたいことがありすぎて、欲張ってどれもこなそうとして逆に全てを中途半端にしてしまったような・・・。
でも、家族旅行に徹して友人の存在を忘れることも、久しぶりの友人との再会だからとせっかく一緒に来た家族から完全に離脱することもどっちも出来なかった。

だからあと2泊ぐらいあれば・・・きっと完ぺきだったはず・・・・・・・・。

というわけで、リベンジ旅行はいつ行こうかしら(笑)

d0065480_23483846.jpg


↑思ひ出の一枚(笑)
[PR]
by max-i | 2009-08-11 23:53 | タイの話

ぞうさんぞうさん凄いのね

7月26日(4日目)

チェンマイ郊外にあるメーサー・エレファントキャンプに行く。
そこでは象がショーの中でキャンバスに絵を描き、即売会もやってしまうのだ。
「象が描いた絵が欲しい」とかねてより父者と話をしていて、今回の旅は、まさにこの絵を買うために来たようなものだ。

がしかし、この日の夕方にはチェンマイを発たなくてはいけない。
丸一日も象に時間は費やせないのだ。
一体このキャンプはどこにあるのだろう。市街から片道どれくらい時間がかかるんだろう。

前日から友人たちにひたすら聞き込み、どうやらキャンプは片道30~40分くらいのところにあるらしいことが判明。
しかし所要時間が分かったところで場所が分からない・・・。どの地図もチェンマイ市街しか載っておらず、キャンプがあるメーリム地区は見切れているからだ。
途中のガソリンスタンドでわざわざ地図を買ったのに、それも例外ではなかった。実に使えない(笑)

でも、とりあえずメーリム方面に道なりに行っていたら、看板が見えた。
看板を左に曲がり山をずっと登っていたら、着いた。よかったね。(笑)

d0065480_062964.jpg


ちょうど川で「象さんの水浴びショー」が始まるところだった。この時間を逃していたら、次回のショーは昼過ぎからというから危ないところだった。

d0065480_08961.jpg


やんちゃな子もいる・・・

d0065480_045141.jpg


象が川からあがったところで、私たちもショーの会場へ。
しばらく待っていると、
音楽もアナウンスも無く象さんたち入場。
観客も拍手のしどころが見極められなくて戸惑う。

d0065480_016885.jpg


よく見ていると、列を成して歩いてくる象たちの中にも
・客に手ならぬ鼻を振って愛嬌を振りまくお調子者の象
・写真のように後続の象にしっぽを繋がれるのが嫌で、尻に巻きつけてまで拒むお年頃の象
・逆に後続の象が言われたとおりにしっぽを掴んでこないので、自分から相手の鼻先にしっぽを伸ばして繋ぐよう促す生真面目な象

などなど個性が溢れていてとっても微笑ましい。これは調教なんかじゃない。

ハーモニカ演奏、PK対決等おなじみのショーのあと

d0065480_0375128.jpg


これこれ!
うおー!!すごいすごい!!
絶対私より上手い(※中学の美術の通知表「2」)

d0065480_0422895.jpg


じじじ時事ネタ――――!!!!!(チェンマイは今パンダブーム)

d0065480_0453992.jpg


どうせ調教だよと言う人もいるけれど、調教して出来ることと出来ないことはある。ここまで出来るのは凄いことじゃない!?
ショーグラウンド脇の即売会で一枚2000バーツ~3000バーツ(6000円~9000円)もしたが、止める母者に
「わしの金じゃあぁぁぁ!!!」
と言い放ち、左から1番目と2番目の2枚を購入。私と父者で2000バーツと3000バーツの1枚ずつ。計5000バーツ(15000円)
いいんだ!このために私は1万円を両替してきたんだ!!きっとこの時既に天啓が下っていたに違いない(笑)

即売会で欲しい絵が他の人に買われてしまったらどうしよう、と慌てて買ったが、私たちの他にリザーブしている人はいなかった(笑)

運命的な出会いをした絵も手に入ったし、ほくほくでキャンプを後にする。
象の背中に乗りたい願望は微塵も無かった
この時点でまだお昼前。まだ遊べる!

長くなったので、一旦切ろう。
続きはまた明日
[PR]
by max-i | 2009-08-08 01:01 | タイの話

チェンマイサタデーナイトフィーバー!

7月25日(3日目)

今回の旅の目的の一つに「プラトゥーナムの衣料品市場で買い物」があった。
先日友人にここでベリーダンスの練習用のパンツを買ってきてもらったのだけど、コレが何とも心地よくもう一枚欲しかったのさ。

しかし時間がない。前日借りたレンタカーを返し、10時にはホテルをチェックアウトして空港に向かわないといけない。
8時過ぎにとりあえず父者に付き合ってもらってプラトゥーナムまで行ってみる・・・が、時間が早すぎた。
店はまばらにしか開いていなかった。買い物は次回の楽しみにする。

時間通りにホテルを出て、空港に着く前にチェンマイの友人たちに連絡を取る。ついでに東北はガラシン県でお祖母さんの葬儀の最中のティーラックとも。

彼:「25日の夜にバスでチェンマイに向かうよ。茉莉が帰国するのは26日の夕方?こっちは順調にいけば26日の朝9時頃チェンマイに着くと思う。そうすれば俺たち・・・会えるんだ・・・・・・・!!」

どうみても死亡フラグだ。
早々に見切っていた私は「間に合うといいよねー」と答えた。

ともあれチェンマイ到着!
いつもならバイクで迎えに来てくれるはずの人が来ないのはなんとも寂しいものだけど、たまたま流しのソンテウ(ピックアップバス)が止まっていたので、それでホテルまで行った。
先客に蚊の大群がいた。ひぃ

ターペー門前の「アモーラ・ターペーホテル」にチェックイン。
過去何度もターペーをぐるぐるしていながらこんなホテルがあったなんて知らなかった。

父者がここでもレンタカーを借りる。2日で1,500バーツ。
デポジットにパスポートを取られていた。
ちなみに前日バンコクで借りたレンタカーは2日で2,800バーツだが、無事故なら2,000バーツがキャッシュバックされるシステムだった

で、道案内は当然のように私に任されることになるわけだが、何処に行くにもバイクの後ろにしがみついてラクしている人間が道を把握している訳が無い。

王様像近くの店「シリチャイ」でカオソーイを食べ、ロータスとセントラル・エアポートでお土産などの買い物をし、ターペーのマッサージ屋でマッサージ・・・といつもの私のテリトリーを回ったが、行くところ行くところ全てで道を間違えた。(笑)
今更ながら反省するよティーラック。あなたの後ろに跨って当然のように目的地に行かせていた私を反省するよ。

マッサージが終わったところで友人たちとの約束の時間が近づき、夕飯時の家族に「適当なところで食べれば~」とガイドを放棄し(最低だ)、チェンマイ大学に向かう。

いつもの部室では、いつものメンバーの他に、卒業した私と同学年の友達も久しぶりに来てくれた。
久しぶりにも関わらず友人Pは早速「日本の男を紹介しろー」と言ってきたので、「じゃあ私の弟をくれてやるよ」と無許可で弟者を売り込んだところ、横から「僕が欲し~い」と後輩のN(体は男、心は乙女)が名乗りを上げた。
バンコクのパッポンでその誘惑に打ち勝ち、見事に己の貞操を守った弟者であるが、Nちゃんになら惜しくはないと思った。

お土産にポストカードと東京バナナと食玩のキーホルダーを用意したが、キーホルダーの数が足りない。
「足りないからキーホルダーは女の子にだけねー」と言ったら、Nを含め外見上は野郎の2人が「僕らも数にカウントされるよね?」と。
果たして男3人・女4人の計7人いると思ってた部室で配った6つのキーホルダーは、無事全ての女子に行き渡ることになった。
男1人・女6人ってことか

夕飯の後で皆がクラブにつれてってくれた。(ドレスコード有り。男性は半ズボン禁止)

d0065480_1131719.jpg


人生初の「タワンデーン」ww
店の前に仮設の手洗い場があった(インフルエンザ対策)

親との旅行で一人だけ酔いつぶれるわけに行かないので、コーラではしゃいできた。
1時間半ほどで中座してホテルに戻ったら、弟者が寝ずに待たされていた。最後までいなくて本当によかった。

明日は今回の旅行の最大の目的が・・・!!!
[PR]
by max-i | 2009-08-01 01:18 | タイの話


茉莉の日常。あとタイ(チェンマイ)、福岡ソフトバンクホークスについても少々。


by max-i

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日々の話
タイの話
バトンの話
歌の話
大学の話
踊りの話
野球の話
映画の話
旅行の話
おたくの話
未分類

以前の記事

2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧