善い行い

「男もすなる出家といふものを、女もしてみむとてするなり」
(現代語訳:最近OLの間でも出家が流行ってるじゃん)←笑

先月、ワットパクナム日本別院に行き、短期出家が出来るという話を聞いて以来、仕事のストレスで殺されるかもしれない恐怖と戦う日々(※やや誇張表現がありますが)から逃げたくて、そのことばかり考えていました。

それでとうとう貴重な冬休みを使って出家をしてきました。
次の長休までタイには行けなくなるけど、それを許すどころか全力でサポートし色々アドバイスしてくれたティーラックに感謝です。

期間は21日~23日。
13時台の電車で、滑河駅にて一緒に行く後輩と待ち合わせ、寺から迎えに来てもらいました。
以前の日記にも書いたけど、交通機関が全くないので(笑)

d0065480_19133391.jpg


写真右下が入り口。奥の5階建てのやつは宿舎だった。

寺に入るとお坊さんから、まず宿舎で白衣(修行着)に着替えるよう指示され、部屋に行ってみると・・・

d0065480_2021389.jpg


暗い・・・元は3畳の部屋を仕切りのふすまを取って6畳部屋にしています。
坊さんは贅沢禁止なので、とっても質素な部屋。
でも暖房器具と布団はあった!!これで寒さを凌ぐ!!!

d0065480_20304154.jpg


渡された経文。パーリ語をタイ文字で表記しています。日本語(カタカナ)版もありましたが、タイ語専攻のプライドか単にイキってたのか、私たち二人はタイ語版を選びました(笑)


白衣に着替え、お坊さんの前で誓いの口上的なものを述べます(パーリ語で)
出家するにあたり、8つの戒律を守りますという意味です。

・殺生禁止
・窃盗禁止
・エロ禁止
・嘘禁止
・飲酒禁止
・夕食禁止(正午以降の食事はしない)
・装飾禁止(アクセサリー・化粧をしない)
・ベッド禁止(脚の高い寝床で寝起きしない)

17時、本堂へ移動して読経の時間となりましたが、前述の通りタイ語表記のパーリ語なので、経文を読むどころか、ページのどの辺を読んでいるのかも分からなくなりかなりウニャウニャでした(笑)

読経の後は少しの瞑想、18時頃終わり、最初の部屋に戻りました。
ここで、一緒にお経を読んだ(おそらく趣味)日本人の方とお話をしました。
タイ仏教だけではなく日本の座禅等にも結構な心得のある方とお見受けしました。
そこで聞いた話、ここのワットパクナムは昔のJALの女子寮を改装したものなんだそうな。

水、茶、ジュース等は夜間も飲むことを許されているので、野菜ジュースをいただきました。
この夕方に何も食べてはいけない・・・てのが私にとっては一番キツイかもと思ってましたが、この時点では緊張のためか割と空腹は感じない。

19時、瞑想の時間。
最初にお坊さんから有難い教えをいただき(しかも分かりやすいタイ語を選んで説明してくださったり何度も「○○の意味は分かる?」と聞いてくださったり)、瞑想のやり方を聞いてさあやってみようという時。
「(瞑想の時間は)サンプンがいい?20分でもいいけど」と聞かれ、初めてだからと私も後輩も迷わず「3分!」と答えました。
しかし、これがお坊さんの「30分」の言い間違いであったことが判明したのは、明らかに3分以上が経過し、足が痺れて痛くなってきた頃(笑)
なにせ日本語はまだカタコト、しかし今更引き返せない!

瞑想して邪念を払うどころか時間と足の痺れとの闘いになってしまった(笑)
ようやく30分が経ち、悶絶している私たちに、お坊さんは何度も「(勘違いさせて)ゴメンネ」と言っていた・・・逆に私たちが気を使わせて申し訳なくなりました。

極限にくると足の感覚が何もなくなるんだ・・・座禅を解こうと思っても、手で引っ張っても足がピクリとも動かないの(笑)
それから血の流れが戻るとだんだん足が痺れて痛いと感じるようになる。こんな発見はどうでもいいし(笑)

21時で一日のスケジュールは終了、あとは自由時間です。
といってもテレビはないし、明日の朝も早いからお風呂に入ってすぐ寝たほうがいい。

風呂に入るって時に問題が発生。
各部屋にこそストーブはあるものの、廊下は外気と同じくらいなんじゃないかってくらい寒い!
にも関わらず、ドライヤーが無かった!!
考えてみれば、私たちのように出家する女性に貸す部屋はあっても、お坊さんたちが普段からドライヤーを使うわけがない!!!

湯冷め必至なので、後輩と二人顔を見合わせ「出家中は髪を洗うのをよそう。」と誓い合いました(笑)
タイのお坊さんは女性との接触厳禁につき、どうせ私たちに近寄る人もいないし・・・ね

d0065480_2135969.jpg


極寒の廊下。光熱費等はすべて在家者からのお布施で賄うので、当然節電。夜は真っ暗になる。
一番奥がシャワールーム。お湯は出たけど浴室のエアコンは電池切れで使えなかった・・・

長くなったから次回に続きます
[PR]
# by max-i | 2010-02-23 21:37 | タイの話

成田山~ワット・パクナムつづき

前回の続き

お団子を食べて京成成田駅まで来ました。
時間的にはこの後ワット・パクナムへハシゴ(笑)することも十分可能だけど、一つ致命的な問題が。

遠い。

行ったことはないけどものすごく遠いらしい。

事前にインターネットを開いてみましたが、ググって出てくるのは参拝に行った個人のブログばかりで、しかも全員自家用車で乗り付けたときている。
かろうじて得た自家用車以外の交通手段の情報がコレ↓

「京成成田駅から○○(忘れた)行きのバスに乗り、吉岡新田で下車。そこから徒歩4キロ」

うむ。徒歩4じゃなくて4キロときたか。
どう考えても無理だけど、それしか無いってんなら・・・とりあえずバス停まで行こう。
・・・うわ1時間先まで来ないよバスが。

・・・ということで、残された移動手段はタクシーのみ。
どれだけかかるかは分からなかったのですが、とりあえずタクシーのおいちゃんに「ワット・パクナムって分かります?」と聞くと「あぁタイのお寺ねハイハイ!」と軽い返事が来たので、大丈夫だろうと誤解しタクシーに乗り込んでしまいました。

メーターが1000円・・・2000円・・・これくらいは想定内なので余裕~♪
2000円・・・3000円・・・うん、まだ想定内。まだ大丈夫。
3300円・・・3500円・・・3700円・・・あれ。まだ着かないのか。でもここまで来ちゃったらもう引き返せないよ
3900円・・・4000円・・・4100円・・・4200円・・・ギャー!?こんなに遠いのか!!どこまで上がるの!?
4300円・・・4400円・・・
4490円・・・「はい、着きました。」

私、終了ww

バス停はおろか周りに店も車も家もありませんww
おいちゃん:「電話くれたらタクシーが迎えに来ますよ。はい、これ名刺!」
と、ライフラインはとりあえず確保したものの、呼び出した地点からの代金も含めると復路は5000円じゃすまないだろう・・・軽い気持ちでタンブンに来ただけなのにタクシー往復1万円か・・・

午前中のハイテンションのまま浮かれてきたことを後悔しつつ「これも“喜捨”の一種だ!」と無理矢理自分を納得させて本堂へ向かいました。

d0065480_1562923.jpg


立派なタイ式本堂。
でも、周りには何も無い。真冬なので木々も枯れ、日も傾いて余計に寒々しく更に私のテンションを落とす(笑)
と・・とりあえず仏様にお参りを・・・しかし見ごたえと交通費が釣り合わないなぁ・・・せめてもう少し何かあれば救われるんだけど・・・

本堂と外に安置された仏様にお祈りし、気持ちばかりのお花・線香・ロウソク代を納め、他にすることないし一人なので周りを散策するのも気が引けるので、仕方なく帰ろうとしたその時!別の建物から出てきたお坊さんに会い、「コンニチハ」と声をかけられた!!

ここここんにちはー!!!!!

この奇跡の邂逅により、お坊さんにお経をあげてもらえることに。救われたー!!!

この事務所の様な建物の中でお経をあげてもらえるらしい。
お布施を少しお包みし、部屋の中へ入ると、既に日本人タイ人夫婦の先客が。
前の人たちへの説教が始まっていたので、私の番が来るのを待ちながらボーっと座っていたら、お坊さんはどうやら途中で私への説教も一緒に兼ねていたようで、「はい、あなたもこれで終わり。」・・・なんか損した気分(笑)

終わった後、お坊さんから「ご飯でも食べていきなさい」と隣のテーブルを指され、見てみるとタイ料理や果物がww
先に食べていたご夫婦から聞いた話では、ここに並んでいる食事は全て朝方に在家から施されたもので、午前中にお坊さんや尼さんたちが召し上がったものの残りなんだそうな。(タイでは出家した者は午後以降の食事を禁止されています)
5皿かそれ以上の沢山の料理が並んでましたが、これらを喜捨するタイ人がこの辺にそんなにいるんだろうか・・・あ、ナムプリック美味しかった(笑)

で、食べていたらメーチー(尼さん)から
「あなた、タクシーで帰るって言ってたわね。私これから滑河駅までお迎えに車出すんだけど、そこまでで良かったら一緒に乗ってかない?」

・・・思わず手を合わせた。ありがたやありがたや。タンブンしたのを仏様が見ていてくださったのかも(笑)

お坊さんからも
「次から来る時は事前に電話しなさい。滑河駅まで来たら迎えに行くから」と。

だってそんな情報グーグル先生は教えてくれなかったもの!
ともあれ、次からは交通費で泣きを見なくてすむらしいですよ

車の中でメーチーと沢山お話をしました。
メーは在日30年で日本語べらべら。宇都宮からはるばる出家に来ているそう。
「土日だけ等の短期出家もできるの。頭を丸める必要もないし。読経して瞑想してとても心がスッキリするよ」と言われ、かねてより心にあったストレスから逃げたいがための出家欲がムラムラしてきた(笑)
ムラムラしちゃってる私でも、メーは受け入れてくれるそうです。(笑)
プチ修行とかプチ断食とか流行ってますが、タイ式の修行を日本で出来るとは思わなかった・・・

タンブンも出来たし、いい情報も貰ったし、痛い痛いタクシー代も片道分ですんだし、最後はやっぱりワット・パクナムまで足を運んでよかったと思えましたw
また来ようww

滑河(なめがわ)駅から千葉駅まではひたすら爆睡。一人旅はこれにて終了☆

次は、夏の富士登山を是非実行したいと思います。
でもコレは一人はさすがにキツイので、仲間を募集します。
[PR]
# by max-i | 2010-01-16 03:25 | 日々の話

成田山~ワット・パクナムまとめ

この間の土曜日に今更ながら初詣に行ってきました。

思えば学生時代から数えて6年くらい千葉に住んでいるのに、有名な成田山にまだお参りに行ってない・・・近いうちに行っておきたいなぁ・・・と漠然と考えていたので、思い切って出かけることにしました。初詣ラッシュも終わって少しはお参りしやすくなってるだろうし。
ついでといっては何だけど、どうせなら同じ成田市内にあるタイの寺院「ワット・パクナム日本別院」にも一度詣でておきたいなぁ・・・ともうすらぼんやり考えました。

とはいえ、一人での遠出。私の場合こうしたノープランにしてぶら~り途中下車の旅的な企画だと9割9分の確立で当日寝過ごすなどして「やっぱいいや」とか計画倒れに終わることになるので、前日にちゃんと(?)ガイドブックを買って意気込みを己に見せた(笑)

で、当日。
意気込みが通じたのかどうか、果たして少し寝起きは悪かったけれど、11時頃に成田に到着する電車にちゃんと乗りました。偉い!自分(笑)

時間的にちょうど表参道の食事処が賑わう頃・・・うなぎの蒲焼の匂い、せんべいの醤油の匂い、甘酒の匂い、屋台の甘い匂いしょっぱい匂い・・・うふふふふふなんか幸せ(笑)

ガイドブックで初めて知りましたが、成田山の表参道はうなぎで有名らしい・・・確かにあちこちにうなぎの看板が。
ということで、初心者らしくまずはガイドブックに従い、江戸時代からという老舗に向かう。
隣の店(こちらもガイドブックに掲載有り)は既に長い行列が・・・私のお目当ての店も既に満席だったけど、隣ほどの行列ではなかったので、かろうじて店内に入り込み暖を取りながら順番を待つことに成功!!

うなぎも米もタレの醤油も産地にこだわったといううな重(1500円)・・・うーまーしーwwwww
うなぎふっくら!ご飯にからんだタレじゅわっ!!
いつかお金持ちになったら、迷うことなく普通のうな重ではなく上うな重(2000円)を注文したい。

時間が経つにつれ行列も伸びる。
私が来た時の倍以上にもなった列を茶を啜りながら眺め、「勝った」とほくそえんだ(笑)(※その後ちゃんと空気を読んですぐに席を空けました。)
うなぎは午前中、参拝前にいただいておくのが正解です。

成田山は新勝寺。
恋愛に厄払いにとご利益のあるお堂がいくつもあるらしい。節分に有名人が豆まきをすることで有名な大本堂、弓矢を持った明王の御姿を愛のキューピッドとなぞらえて恋愛成就に効くとされる光明堂(個人的にはかなり無理矢理なこじつけと思うが。笑。)、釈迦堂・・。
貪欲に全部回りましたww貪欲とか言ってる時点で終わってるが・・・。
寺の敷地内にお稲荷さんも奉られていて、出世開運成就で結構な人気らしいのでここも行きました。
階段の先は確かに凄い列!!並びながらロウソクや油揚げなどお供えセットを買いました。その時一緒に買った素焼きのお稲荷さん像がとても可愛らしかったので、お供えしたあともう一度店に戻り、お稲荷さんだけ買って帰った。
最後に石摺不動尊に、そろそろ知らん振り出来なくなってきた顎関節症が治りますよう祈願して成田山を後にしました(病院行け)

表参道を再び歩き、またまたガイドブックに載っていた甘味処で休憩。
愛想の悪い店員のおばちゃん姉ちゃんはまぁ許す(笑)
常連というおばあちゃんと相席することになり、おばあちゃんが注文したいなりずしを「お食べよ」と一つお裾分けしてもらっちゃいましたwwお揚げが甘すぎずしょっぱすぎずいいお味ww
私が注文したやき団子も美味(でもけっこうお腹にたまる・・・)
私が音を上げている一方でおばあちゃんはいなりずし一皿(3コ入り)と団子一皿(3本)をたいらげ、葛餅をお土産に買っていきました。凄いや!!

時間はまだ13時ちょいすぎ!
ここからどれくらい遠いかは知らないけどこの時間ならこのままワットパクナムに行くことも可能だけど、どうする!?

―――長くなったので続く!!(笑)
[PR]
# by max-i | 2010-01-13 02:06 | 日々の話

mixiからの転載ですが・・

2009年もあとわずか!
今年も一人で年越しだ!!

後輩ちゃんたちの間で流行ってるらしいバトンを勝手にパクってきたよ(←笑)
今年ってどんな年だったっけ?


2009年★振り返りバトン


 …基本編…

▼名前教えて?
└>茉莉

▼何歳になった?
└>20代後半じゃい!25歳

▼てことは何年生?
└>社会人3年生

▼2009年の干支は何だ?
└>丑年

▼2009年自分の流行語は?
└>
・否定語+し
例)「言うなし!」「やめろし!」・・・何だこの言語

・どうしてこうなった


 …プライベート編…

▼2009年に
行った都道府県は?
└>長野、東京、神奈川、山梨、静岡

▼2009年見た有名人は?
└>海の家で小梅太夫とムーディ勝山!あとタイの有名人はアイスとゴルマイとヌーイとカノムジーンとスンタリー母娘

▼2009年に行ったLIVEは?
└>アイス(2回)とゴルマイ・・・タイばっかしじゃないか

▼2009年読んだ漫画は?
└>アホのように読んでるから、2009年から読み始め、かつ購入したものに限定します。突発的に買った文庫・コンビニコミック等は含めません!

・サイボーグ009(石ノ森章太郎)
・ふたつのスピカ(柳沼行)
・青の祓魔師(加藤和恵)
・駅から5分(くらもちふさこ)
・獣の奏者(上橋菜穂子・武本糸会)
・愛・・・しりそめし頃に・・・(藤子不二雄A)
・JIN-仁-(村上もとか)・・・は2008年から買ってたんだっけ?

かなり条件絞ったのにこんなにあるか・・・(汗)

▼2009年観た映画は?
└>
・日本の映画:プール
・日本以外の映画:ベンジャミン・バトン、レッドクリフpartⅡ、チョコレート・ファイター、LOVE of SIAM、BEST TIMES、タイトル忘れたタイの映画

・・・てかベンジャミンとレッドクリフ以外タイの映画ばっかしじゃん!プールも!!

▼2009年1番高い購入は?
└>航空チケット代かなやっぱり


…2009年のtop3は?…

◆よく行ったベスト3
└>1:会社
  2:タイ舞踊レッスン
  3:ベリーダンスレッスン

・・・いやいやそうでなく(笑)

 1:同期とよく行く土炉裏という居酒屋(漢字がうろ覚え)
 2:西船橋駅の中の本屋
 3:高田馬場駅前のカフェ

◆よく聴いた歌手ベスト3
└>1:タイ舞踊の音楽
  2:ルークトゥン(タイ演歌)
  3:ベリーダンスの音楽

・・・・・いやいやいやいや・・・


 …恋愛編…

▼2009年恋愛しましたか?
└>恋愛続行中(笑)

▼2009年1番好きになった人は?
└>ティーラッk・・・いや!加藤清史郎ちゃんだな!!!

▼2009年に出会った人は?
└>「恋愛」としての出会いは残念(?)ながら・・・


 …月別編…

手帳見ながら振り返ります!

▼1月
└>初めての孤独な年越し!
 千葉で仕事してました 

▼2月
└>何度も何度も行き慣れたバンコク、しかも当時住んでたマンションの超そばで財布をスられた!! orz

▼3月
└>卒業式に顔を出していたっぽい。1年の時にお世話になった英語の先生(デイヴ)と偶然会った!!
あとはなんか修羅場を迎えていたらしい

▼4月
└>家族でデズニーシーに行ってヒルトンに泊まったぉ!
 あとは恒例のさくら会だよね!私は泊まれなかったけど・・・

▼5月
└>タイフェスとコンサート!タイづくし~
 実家帰って善光寺のご開帳にも行ったぞなww

▼6月
└>ベリーダンスを始めた!半年経った今もまだ熱は冷めてないよ
 あといとこの結婚式ね。身内で結婚第一号!ステキだったわぁww
 そして、入社してから3年間受験&不合格を繰り返しまくった試験に7回目でようやく合格・・・

▼7月
└>10年ぶりに家族と一緒にタイに行った
 ティーラックに会えなかったのは残念だったけど、友達と会ったり象の絵を買ったり、ラムヤイを食べまくったりぃ・・・w
 
▼8月
└>同期と江ノ島に遊びに行った!!
 買ったばかりの水着着て昼間っからビールくらってクラゲと踊って、高い寿司屋に入って、またビール飲みながら花火やった!楽しすぎたわアレは。アカンわ。

▼9月
└>節目の時。20代前半、四捨五入で20歳といわれる24歳と決別し、20代後半、四捨五入で30歳となる25歳へ・・・そして更にその先へ・・・!!!
 一大決心で○○をやめました

▼10月
└>夏休みでも冬休みでもないのに休みをもらってチェンマイに行ってきました。そして、ロイカトン!幸せすぎ~ww贅沢してホテルにも泊まっちゃったし(高級ホテルじゃないけど)

▼11月
└>イ ン フ ル エ ン ザ。新型の。
 発熱の辛さより、会社を強制欠勤したことが非常に気まずくて辛かった。仕事しなくてすんでラッキーなはずなのにね
 あとはスピコンのお手伝いww今年最初で唯一のタイ舞踊公演ね

▼12月
└>・・・あ、もう今日で12月終わりかい。え!2009年もあと30分で終わるって!?
 そして、今年も孤独なお年とり・・・

 …2009年の一番○○!…

▼幸せだったこと
└>4年ぶりにティーラックとロイカトンが出来たことww
 うわボケなしに惚気てるよこの人

▼嬉しかったこと
└>ティーラックが私の誕生日とインフルエンザ高熱出した時に電話してきてくれたこと(笑)

▼ムカついたこと
└>クレーム

▼泣けたこと
└>年末年始も仕事に出てるのに、例年あった正月手当てが今年からなくなったこと。タダ働きじゃい(笑)

▼悲しかったこと
└>7年乗り続けた自転車にとうとう別れをつげたこと・・・

▼楽しかったこと
└>同期・先輩・後輩と一緒に遊んだこと!江ノ島行ったりタイイベント行ったり!
 べりーやタイ舞踊のレッスンも毎回楽しいしww

▼出会って良かった人
└>私が大切に思う人全て!!

▼出会いたくなかった人
└>クレーマー

▼迷惑を一番かけた人
└>クレーマーにやられた時に休日返上させて私の尻拭いさせてしまっ た会社の上司・・・

▼仲良くなった人
└>前から仲良しな人たちばっかじゃん?しいて言うなら今年新たにマイミクになった人たちかしら。

▼喧嘩した人
└>職場の女子グループ・・・か?あとティーラックか。

▼迷惑かけた人
└>質問重複してない?
 私は迷惑かけずに人と付き合うことはできましぇん。

▼遊んだ人
└>大学の後輩かな。ファンファーはべりー教えてくれたもんねww

▼一緒にいた人
└>会社の同期!!よくも悪くも(笑)

 …2010年に向けて…

▼2010年の目標は?
└>とにかく毎年年の始めに言ってることを今年こそ実行する!!
 そのために貯金もするよ!!

▼どんな年にしたい?
└>あとで「ああしときゃよかった・・」と悔やまないよう、思ったことを実行出来る年にしたい!!

▼2010を漢字で表すと?
└>「動」!あるいは「変」!仕事を、環境を、住む国を変える

▼2010年やりたい事は?
└>ダイビングのライセンスを取りたいww 

おわり


長かった・・・いつの間にかこんな時間かよ・・・
なんとか2009年中にふり返れました(笑)

今年もあと僅かですが、皆さまお世話になりました。
2010年も宜しくお願いします!!

良いお年を!!
[PR]
# by max-i | 2009-12-31 23:57 | 日々の話

あとは勇気だけだ!!

d0065480_0473855.jpg


いやぁ・・・ハマッちゃったんだものなぁ


サイボーグ009 コンプリートコレクション

コンビニコミックスだからって甘く見てたら、11巻まで出るらしい・・・
今8巻まで出ています。↑の他に、実家にあと5冊あります(笑)

巨匠・石ノ森章太郎が描いた名作、おそらく「CYBORG」という言葉を日本に浸透させるきっかけにもなったんじゃないかと思うこの漫画「サイボーグ009」

ついこの前までやってたパチンコだかパチスロのCM映像がなんかカッコいいなと、テレビでCMが流れるたびについ見入ってしまってたのが始まり。
その後偶然コンビニでコイツを見つけ、「2009年は千年に一度の『サイボーグ009イヤー』!」という分かるような分からないようなコンセプトにまんまと引っかかってしまった・・・(笑)

だって「期間限定モノ」に弱いんだもの・・・
だって今年を逃したら次の009イヤーは西暦3009年だよ!?それまでに死ぬかもしれないし(死ぬよ)

で、名前とアニメ化されたこと位しか知らなかったこの漫画。
何十年も昔に描かれた漫画なのに、戦争と平和の話など現代においても全く色褪せないストーリーがたくさんあって面白い・・・というか、深い!

主役である9人のサイボーグたちは、ドラえもんやアトムなど他の少年漫画のロボットのように、平和を守るために希望の元に作り出されたのではなく、元々は核戦争に利用するために悪の組織によって騙されたり拉致されたりして無理矢理改造されてしまった“元・人間”たちなのです。(この辺仮面ライダーの設定にも繋がるね)
その後悪の組織を裏切り、平和のために悪を滅ぼしていくのですが、出生の背景もあってかヒーローたるキャラクターたちは皆どこか哀しい影を帯びているのです。
ただの悪と戦う少年漫画と思っていたら大いに裏切られました。

読み進めて知ったのは、45年以上前のデビューから今日に至るまでこの漫画が完結していなかったことです。(!)
石ノ森氏自身は一度悪の枢軸との闘いをもってサイボーグ009を完結させたのですが、ファンの熱望(一部脅迫も含む)により別誌で連載再開。
3年後に再度完結を試みるも、壮大すぎるスケールや新しい技法や過激なシーン(※)などに今度はファンの支持を得られず中断。また彼らの戦いが続けられることになります
(※・・・先日立ち寄った古本屋で偶然その話が収録されている文庫を取り、何も知らずに件のページを開いてしまい、3日ほどショックから立ち直れませんでした。当時の少年少女が受けた衝撃は想像に難くない)

数え切れないほどの漫画のジャンルが確立された現代、ようやく時代が追いつきいよいよ3度目の終結に・・・と取りかかり始めた矢先に、石ノ森氏は逝ってしまいました。

今、石ノ森氏が遺したプロットを素に息子の小野寺丈氏が最終章を製作中、とのことですが、1から100まで石ノ森章太郎が描きたかった作品になるかはわからないもんね。

あと、マガジンやらサンデーやらビッグコミックやらジャンプやら果ては少女マンガ誌にまで、「サイボーグ009」という一つの作品を様々な雑誌に掲載していたことも知った。
今の出版社業界では考えられませんね。

このようにドラマ満載の名作、サイボーグ009。
うっかり語ってしまいましたが、今のところ誰からも共感してもらえてません(笑)
名作はいつまで経っても名作だよ?


そもそも石ノ森章太郎を知らない!?
仮面ライダーを知らないとは言わせないぞ!!
他に「姉さん、事件です」でおなじみ「HOTEL」の原作を描いたのも彼ですよ。
戦隊モノの原点「ゴレンジャー」とか!あとは「ゴレンジャイ」とか。これは違いますね。
[PR]
# by max-i | 2009-12-16 02:23 | おたくの話

ノスタルジック&サイケデリック

日暮里まで行って債権管理士の試験を受けてきましたが、会社から交通費が出ないことが判明し、半分ヤケっぱちで渋谷まで行ってきました。
そしてHMVとタワレコをはしごしてきました。

最初にHMVに行って、良いCDを2枚買ってその後タワレコに行ったら、2枚ともすごいマイナーなヤツなのに同じCDが置いてあって、しかも300円くらい安かった。
2枚ともなので、トータル600円強の損失。

悔しいけど損失分は他のところで節約して相殺させることにして、でも言ってるそばから此処でももう1枚買いました。

何買ったかって

d0065480_21572939.jpg


d0065480_21575557.jpg



60年代~80年代のタイ音楽コンピレーションアルバム。

アジア~中近東あたりの大昔の音楽を色々出しちゃってるSublime Frequenceというアメリカの会社、侮れないや・・・

http://www.sublimefrequencies.com/

この画像を探すのにSublimeをググって見たら、日本語のレビューなどどのサイトを見ても「サイケデリック」「B級(バカやばいのB)音楽」「脱力系」「素敵な雑音」等々の賞賛の声が並んでいた(笑)
タワレコのPOPにも同じような感じの紹介文があったな・・・

あとコレも買った

d0065480_2275978.jpg


おっ!これはSubliminal Soundsという別の所のCDだったか!


最近ヘビロテで聞いてるのが↑のような大昔のルークトゥン(タイ演歌)とかモーラム(ラオス民謡)なんです・・・。あとタイ舞踊とベリーダンスの曲。

音楽の趣味に関して日本一絡みづらい女、私(笑)
最新の邦楽・洋楽・T-POPのヒットチャートは全く把握しておりまっせんww
[PR]
# by max-i | 2009-11-13 22:19 | 歌の話

闘病生活も飽きたので旅日記vol.3

日曜日から出勤許可がおりました。明日で闘病生活終わりです。
果たして社会復帰できるのか私は(笑)

10月30日

ホテルをチェックアウトしたあと、ティーラックのアパートに荷物をうつす。

昼食にはカオソーイで有名な店「ラムドゥアン」に行こう、と言っていたのに、ちょっとティーラックの部屋でTVみたり昼寝しちゃったりしてたら時間がなくなった。
まぁ、これが最後のチェンマイじゃないし。と諦めることにした。

ワロロット市場とロータスで、お土産と自分の買い物をすます。
今回は小さいスーツケースで行ったので、スペースを考えて買い物も控えめに・・・。
ロータスの小さいフードコートでパット・ママー(インスタント麺炒め)を食べた。

アパートに戻り、再び荷作り。
液体物は徹底してスーツケースへ。(※前回の旅行で、買ったばかりのシャンプーとタオチオ(調味料)を空港で没収されてしまったため)

d0065480_1550327.jpg


アパート猫のトラちゃん。
「ニャンニャン」と呼んでもシカトされるが、「แมวแมว(メオメオ)」と呼ぶとすぐ来てゴロニャンとすりすりしたり足元に寝転んだりする。
やはりタイの動物にもタイ語で接しないといけないらしい。
ここから察するに、中国から贈られたパンダもさぞかし言葉の壁に苦しんだんじゃないかしらといらん心配をする今日この頃。

d0065480_1671791.jpg

d0065480_1683654.jpg


今回このほかに観光らしい観光をしなかったので、申し訳程度に撮った写真(笑)

夕飯を近所の屋台で食べた後、19時頃にティーラックのアパートを出る。
毎度毎度この頃にぐずり出す私(子供か)を慮ってかどうか、ティーラックがいつもと違うルートで遠回りしてくれた。
前方に犬がたむろしているな、と思ってよく見たらそのうちの一匹が「ヨーイ、ドン」の姿勢・・・
やば!と思う間もなく犬がワワワンと私たちのバイクを追いかけてきて肝を冷やした。犬が怖いわけではない。狂犬病が怖いんだ。
「うひゃあ」と本気で怖がったらティーラックに笑われた。そもそもお前がこんな道走るのが悪いんじゃい!(←彼なりの気遣い台無し)


空港には友達のTと、Pの親戚の子が見送りに来てくれた。
また年明けの1月か2月に来るからね!と別れてその2日後・・・







インフルエンザを発症し、1週間の出勤禁止・・・強制欠勤・・・
彼女らと約束した年明け1月か2月、私は冬休みをもらえるんだろうか。もらえたとしても気まずいな
ティーラックはじめタイの友人たちは誰もインフルエンザにかかっていないと言うので、タイに行ったからという理由で感染したわけではないと思うんだけど、会社の人たちは皆タイを悪く言うんだろうな・・・

というわけで、冬休みをもらえたとしてもタイ渡航は禁止されるかもしれない。
ティーラック、友達の皆、長らくごきげんよう(;;)
[PR]
# by max-i | 2009-11-06 16:38 | タイの話

闘病生活にも飽きたので旅日記 vol.2

今回はティーラックの部屋ではなく、ホテルに泊まることにした。

d0065480_2250468.jpg


大学正門の近くの『ホリディガーデン』というホテル。1泊約900バーツ也。

大学通りからリンカム地区にかけてのあの辺、古汚いB級ホテルが結構ニョキニョキ建ってるんだけど、外観はその中でも群を抜いているキレイさ。

街中にありながら、味気ないシティーホテルとは違った味を出しているガーデン&プール

d0065480_2331549.jpg
d0065480_2345434.jpg
                                                                                


部屋は狭かったけど2人で泊まるくらいならちっとも苦じゃない。内装もラーンナー調に凝っている
朝食ビュッフェのレストランでは北タイの楽器サロー・スンで奏でる郷土音楽がBGMに流れてたりして雰囲気はバッチリw

1000バーツ以下の安いホテルにありがちな、シャワーのお湯が出ない、エアコンの調節が効かなくて寒い―といったこともなく、真っ白い柔らかいシーツに包まれてぬくぬく眠れました^^

それでこの安さは立地の悪さかな?
大通りから更にソイの奥まで行かないと行けないし、そもそも市街地やナイトバザールから離れすぎている。
私は空港からティーラックのバイクがあったけど、単独でここまで来いって言われたら大変だ。

という訳で、自分の中ではイケてるんだけど、家族・友人に勧めるかは迷っちゃうホテルランキング第1位は『ホリディ・ガーデン・リゾート&ホテル』でした(何の話だ)


そのホテル到着1日目にテレビをつけたら、いきなりケーブルテレビで「火垂るの墓」(タイ語吹き替え)をやっていて(しかもラストの節子が荼毘に伏されるシーン)、泣く(笑)
タイの民放にチャンネルを変えたら、キテレツ大百科、忍者ハットリくん(いずれもタイ語吹き替え)の時間だったらしく、もうなんだかよく分からなくなった。ティーラックは獅子丸(ハットリくんの忍犬)がお気に入りの様子。

ホテルの話が長くなりすぎた。

10月28日

朝食後、少し散歩したり部屋でまったりしていたら、ティーラックのケータイにT先輩(サークルの先輩)から電話がかかる。
何でも勤務中の銀行に日本人の顧客がやってきて、ちょっとしたトラブルになっているので通訳して欲しいと。
正直はぁ?だが、断るわけにもいかないので電話をかわると、相手の日本人がそれまでの憤りそのままに私に経緯を説明をしてきた。
そりゃ日本人の感覚からすれば、銀行員が電話をかけて出てくる相手は上司や日本語を喋れる従業員等関係者に決まっていて、まさか日本語が喋れるだけで全く無関係の人間を引っ張り出してくるとは思わなかっただろうが。
とりあえず、「自分はただの日本人で、その銀行員とはただの友人です」アピールで必死で怒りを回避する。
クレーム処理業務からここ海外まで逃げてきたってのに、何が悲しくて無関係のクレームに捕まらなきゃいけないのか。
話を聞いていると、どうやら銀行側にも非はあったようだが大したことにはならなそうだった。しかし銀行員じゃないはずなのに「申し訳ございません」とかとりあえず言ってしまいそうで危なかったのは完全に職業病だ orz
恨むよT先輩

むすっとなった私をティーラックが映画に誘ってくれたので、映画を見に行く。
少し上映時間に遅れてしまったのだが、国王賛歌(映画が始まる前に流れるやつ)の最中は入場が出来ないらしく、私たちより少し前に来た女の人もコーラとポップコーンを抱えて歌が終わるまで会場の外で待っていたようである。係員が歌が終わり、観客が着席したのを確認してから私たちを席まで案内してくれた。

映画は、BTS(バンコクを走るスカイトレイン)をめぐる三十路独女のラブコメだった。
ティーラックに「ああいうのを日本語で“アラサー”っていうのよ」と教えてあげた。

日本で上映されるようなことがあれば、感想はその時に。

遅い昼食をとり、行きつけのマッサージ屋に行ったり、ティーラックのアパートで昼寝したりで時間を潰し、夕飯はまたスンタリーさんのお店「フアン・スンタリー」。

d0065480_0463798.jpg


郷土料理ナムプリック・ヌム。実家で作るふきのとう味噌みたいな苦味が美味ーww

d0065480_0481985.jpg


ティーラックやT先輩(遅れて参加)は「スンタリーさんの声に以前ほどのハリがなくなった。年だ。」と酷評。
今回いい写真が撮れなかったので、↑は娘のランナー・カミンズ。
大好きなパラポンとのデュエット曲も歌ってくれたww

d0065480_124765.jpg


スペシャルゲスト(笑)名をプロイちゃん
どこぞの娘さん、私の隣の席をたいそう気に入り、私たちのところにもチョロチョロ遊びにきた。
油もん・辛いもんばっかり注文しちゃってもてなすものが無かったので、とりあえずナムプリックの付け合せのケープ・ムーを差し上げた。タイのこれくらいの子たちってもう唐辛子の刺激には耐えられるのかしら。


d0065480_1102100.jpg


22:30頃、友人たちのはからいで「タワンデーン」に集合
そこからの約3時間、演歌、プレーン・プア・チーウィット(生きるための歌)、洋楽等が入り乱れた生演奏で皆踊る踊る。
特に後輩N(右から2番目)のダンステクはプロすぎて困った
私としては翌日はもうチェックアウト・帰国なので、ここで全力を出し切るわけにはいかない・・・
と頭では分かっていたが、Nに続いて踊り踊った。多分ここで腰を痛くしたと思う。

最新の音楽が鳴り響いてるクラブとはまた違った趣旨の店だけど、皆で騒ぐのは楽しい
でもエアコンの効きすぎで寒かった(笑)

深夜1:30、ホテルに戻る。
ビールもちょっと飲んじゃったし、明日朝食の時間までに起きれるかしら。

外では遠くから爆竹の音が聞こえてきたり、ポツポツと上がりだしたコムローイが星のようだったり。
[PR]
# by max-i | 2009-11-05 01:22 | タイの話

闘病生活にも飽きたので旅日記 vol.1

流行には遅れをとらないぞ、茉莉。
目下A型インフルエンザ感染中です(はぁと)
あ、熱はもうすっかり引いてるので問題は無いです。ただ医者から1週間の自宅謹慎を言い渡されてしまってるので、どうしようもないからロイカトン(灯篭流し)の思い出に浸ることにしました。

10月27日

朝9時45分成田発の便に乗るのに7時半に空港に到着するも、チェックインカウンターで足止めを食らった。
今までオフシーズンに長期休暇をとってタイに行ってたもんだから、ここで混雑に巻き込まれるのは久しぶりだ・・・ロイカトン帰省ラッシュか。
おかげで朝食は機内食の時間までおあずけに。

離陸後、「只今、富士山上空を飛行中でございます。右側の窓からご鑑賞ください」の機内アナウンスがあったが、私が座っていたのは左側の窓際席だった・・・
しかも映画用のスクリーンがもっとも見えない席・・・そそられるプログラムが上映されていなかったのが唯一の救いか(笑)

d0065480_18523045.jpg


でも離陸直後は左側に富士山が見えた!しかも職場も。

同僚が仕事に忙殺されている上空を私は飛んでいる・・・そう!私は忙しく無機質な現実から逃げ出したのだ!!

と暫しの妄想で悦に入る(笑)

今回の旅行の目的はズバリ!ティーラックと8ヶ月ぶりに会って、一緒にロイカトンデートをすること。
夏休みに家族でタイに遊びに行った時には先方に急な不幸があり会えなかったもので、冬休みを待たずティーラックと会うことだけを目的とした短期休み(?)を会社からいただき今に至る。

なにせ8ヶ月ぶり、しかも季節はロイカトン。行きの便は見るもの全てが美しく見え、機内食も美味しい(笑)
しかし2年前くらいまでは普通にエコノミー席でも軽食に貰えてたはずのハーゲンダッツかFAUCHONのアイスが食べられなくなって残念。

d0065480_19203227.jpg


それでも1年前までのパッサパサのサンドウィッチからアイスに戻ったこと、バニラか抹茶か選べるようになっただけでもいいかしら。




で。果たして。





d0065480_19332953.jpg


ピン川でコムローイ~!ティーラック怖っ!!(笑)


d0065480_1944027.jpg


飛んでいくコムローイ(気球)

d0065480_19465962.jpg


2機目は水没(笑)

d0065480_1951424.jpg


厳密には今年のロイカトンは11月2日なので、コムローイはチラホラ上がっていたけれど、カトン(灯篭)はまだ誰も流していなかった。
でもちゃんと売られていたので二人で流した。やったね!!

恋人同士で流すカトンは格別なのだww日本でクリスマスをカップルで過ごすのと同じくらいww


d0065480_20126100.jpg


ちなみに夕飯はムージュム(タイ田舎風しゃぶしゃぶ?なんて言えばいいのか)。
唐辛子や様々なハーブが効いてキリッとしたお出汁が飲みたかったのに、ティーラックの奴が生卵を溶き入れてまろやかにしてくれやがった。まあいいけど

d0065480_2065525.jpg
d0065480_2082426.jpg


頼みすぎだ(笑)
[PR]
# by max-i | 2009-11-03 20:09 | タイの話

負けるもんか!

ブレーキ、タイヤ、ベル・・・その他いたるところが破壊され、2度の撤去にも見舞われ、その度に「もう限界だ」と私に見限られかけ、それでも不死鳥のように蘇り私の足になってくれた愛用の自転車がまたピンチです。

昼過ぎに駅前に止めておいて夜中に帰ってきたら、隣に止まってた別の自転車が私の自転車の方に倒れていて、ペダルがズッポリ私の自転車の前輪の中に入り込んでいた・・・
抜こうとどう自転車を捻っても、車輪にガッチリ食い込むようにはまってしまって結局1ミリも動かない状態だった。そもそもどんな倒れ方をしたらこんなにミラクルフィットするほどはまるんだ。

途中通りすがりのお兄さんが2人ほど助けに入ってくれたが(多謝!!)、大の大人でも外すことが不可能で、泣く泣く諦めてバスに乗って帰ってきた。

気がかりなのはもう一台の自転車の持ち主だけど・・・。
きちんと帰れたんだろうか。
あるいは私より先に自転車の元に帰り、私より先に見切りをつけてその場を去っていたのだろうか・・・

苦楽を共にした7年、ここまで乗ったら最後まで乗り切るわ!
自転車が撤去されるのを待ち、保管所で然るべき処置でペダルが外されていることを切に願う。
もう一台の自転車の持ち主には悪いが、保管所からの引取代2000円は惜しまない!
[PR]
# by max-i | 2009-09-03 01:17 | 日々の話


茉莉の日常。あとタイ(チェンマイ)、福岡ソフトバンクホークスについても少々。


by max-i

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
日々の話
タイの話
バトンの話
歌の話
大学の話
踊りの話
野球の話
映画の話
旅行の話
おたくの話
未分類

以前の記事

2010年 08月
2010年 07月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧